「おしりとしっぽ」その2・3

ほのかに金木犀の香りが漂う、寺内町。

いつもまにやらセミの鳴き声もなくなり

なんだかんだ言っても

花は咲くべき時に咲き、虫は現れるときに現れるのですな。

 

本日も企画展「おしりとしっぽ」への参加者さん、

ご紹介をさっそく始めていきましょう。

 

初めてのご参加の方です…。

guffaw

 

クッションを制作しているユニットのguffawさん。

おしりとしっぽなんて、きっと初めて作るジャンルだったでしょう…。

 

例えば、このクッション。

うさぎの耳がついてます。

しっぽは…後ろのファスナーに!

大人っぽい可愛らしさでインテリアを演出です。

 

丁寧な作りとこだわりを感じられるディテール。

毎日のスペースにキモチが豊かになるものを。

 

 

 

菓子屋ici

 

お馴染みのiciさんですが…。

企画展向けのアイシングクッキーが入荷しました。

うー。うまく撮れないのですわ。

 

iciさんの中では、”しっぽ”と言えば うさぎなのだそうな。

相変わらず丁寧にアイシングされたクッキーです。

もちろん、お味も間違いはありません。

 

*同時に入荷した通常の焼菓子と、久々のあんずジャム。

 ですがー。焼菓子は残りわずか。あんずジャムは早々に完売してしまいました。

 

 

企画展「おしりとしっぽ 」 

期間:9月21日(木)〜10月15日(日) 

「おしりとしっぽ」特別篇1

今日は企画展の中の特別企画としている

世界に一枚の似顔絵を」の開催日。

3回ある中の、唯一の週末で丸一日の設定。

 

結局、はじめから終わりまで

パステルを離すことなく一日中描かれていた一色さん。

お申込みいただきましたみなさま、ありがとうございました。

完成した絵を見つめる表情は、どの方も笑顔。

これ、実際に描いてもらうとわかりますが

体の中からじんわりと「嬉しい!」という気持ちが湧いてくるのですよ。

 

ちょうどパピヨンちゃんの製作途中

お写真を撮らせていただきました。

今、少し離れて暮らされいるという依頼者の方。

きっと、この絵が毎日 力をくれると思いますよ。

写真から抜け出てきたような、そんな表情。

やさしそうなコです。

 

こんな風にして、写真からでもOKなので

ご検討の方は、次回以降でぜひ。

あ、人ももちろんOKでございます。

 

この特別企画は、ご予約優先ですが状況によっては

その場でお申込みも可能な場合もございます。

所要時間は、1ショット45分ほど。

ショット数により多少変動いたしますので、お申し込みの際に、ご確認くださいませ。

 

ちなみにお値段は下記の通りです。

〈価格〉 

1ショット B5サイズ:1800円

2ショット B4サイズ:3500円

3ショット B4サイズ:4500円 

※各サイズの特製フレームボード付です。

一色さんのオリジナルで、コーナー部分は革でかっこいい。

 

次回以降の開催日は下記の通りです。 

 9月28日(木)  11:00〜13:00

 10月12日(木)  11:00〜13:00

特別企画展開催中のご来店が難しい場合は、お気軽にご相談くださいませ。

 

企画展・特別企画ともに

くわしくは、コチラ

 

「おしりとしっぽ」その1

さて。

企画展「おしりとしっぽ」への参加者さん、

ご紹介をさっそく始めていきましょう。

 

初めてのご参加の方から、では…。

「むっくの部屋」

 

23番地.初の木彫りの作り手さんです。

わんこやにゃんこだけでなく

どの動物にも愛情が感じられるブローチ。

 

それぞれに性格が感じられるような、そんな。

ニヒルなところもあって、それが可愛らしさに

深い味わいを加えているのでは…と思うんであります。

 

大作もあるので、ぜひご覧になってくださいませ。

 

 

※明日は、「世界で一枚の似顔絵を」開催日です。

 お昼以降なら対応できそうですので

 当日はお電話か店頭になりますが、

 お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

本日より「おしりとしっぽ」

秋ですね…空が。

暑苦しさが取れて、ちょっとワクワクします。

 

そんな秋晴れの今日から

企画展「おしりとしっぽ」が始まりました。

朝から閉店まで、ゆっくりとですが

途切れなく、足を運んでくださる方が続き

ニギヤカな初日となりました。

 

テーマを作り手の方に伝えた時は

言っておきながら、「いやいやどうなるのだろう」と

内心思っていましたが、いざ作品が届き

並べてみると、あら不思議。

なんとなくトーンが揃っていて

どれもなじんで調和しているのですねー。

 

それぞれの方の作品については順次お伝えしていきますが

並ぶ並ぶ、しっぽおしりしっぽしっぽおしり。

なかなか圧もあるので、たくさんあるうちに

ご覧いただけたらなぁと思います。

キュートなんですよ。ほんまに。

 

明日は、菓子屋iciさんの焼菓子も届きます。

午前中に届く予定ですので、午後からは店頭に並んでいると思います。

こちらは、通常の焼菓子も入荷予定ですので

そちらもお楽しみに。

 

参加する作り手さん:

itoto(糸モノ)

菓子屋ici(焼菓子)

空想刺繍店(刺繍アクセサリー)

guffaw(クッション)

たあつこ=かおり(絵描き)

藤井製作所(とんぼ玉)

plus ten(筆文字・アート)

ままん(羊毛フェルト)

むっくの部屋(木彫り)

dou-dou(羊毛フェルト) 

 

企画展「おしりとしっぽ 」 

期間:9月21日(木)〜10月15日(日) 

 

 

 

ここに行ってまして…

先週の夏季休業。

上高地へ行ってまいりました。

 

以前に訪れてから

「絶対にもう一回来たい」と思っていた上高地。

ここに来るために夏の営業をがんばったと言っても過言ではない。

 

行った日は、天気・気温・湿度・風どれをとっても最高の状態。

焼岳に向かってガッツポーズだ!

(朝は防寒着がいるくらい寒かった。薄手のダウン着てはる人もいてた)

 

大正池から明神まで行って折り返すコース。

標高1500mの清々しい空気の中

行ったり来たりして、約4時間ひたすら歩く…。

日中は25℃近くなるけど、歩いても湿度が低いから汗かかんの。

大阪のまとわりつくような空気とは違うの。

 

さて。

河童橋を越えると、目の前には梓川と穂高連峰。

真ん中の白いところは、雪渓ですよ。

こんな景色を前にしてお弁当タイムでございます。

贅沢…。

こんな贅沢していいのかな…と、唐揚を食べながら思っておりました。

 

夏休みが終わったあとであり、紅葉の始まる前の間ということで

比較的すいていたので、本当にゆったりと過ごすことができてですね。

よく寺内町でも「時間の流れ方が違いますね」と言われますが

上高地では、それに輪をかけて時間の流れ方が違いました。

きれいな景色と清涼な空気で気分リフレッシュ。

細胞も活性化されたに違いない。

木々の中を歩き回って、マイナスイオンもてんこ盛り。

あぁ、もうまた行きたい。でもちょっと遠い上高地。

 

余談。

帰路の途中。滋賀の醒ヶ井に立ち寄りました。

たまたま立ち寄ったんですが

思いがけず、梅花藻(ばいかも)が満開。

健気で清楚。

地域の方々のご苦労の賜物ですね。

清らかな疎水は、流れを見ているだけでもヒーリング効果絶大。

夏、店の前にほしいわ〜。

 

さぁ。おかげさまで

きれいなものをたくさん見ることができたので

年末まで、がんばって突っ走ります。

 

そんなわけで、来週からは

企画展「おしりとしっぽ」が開催です。

 

明日から9月

今日で8月も終わりました。

1年も残り1/3ですよ…。

なんか、夏が終わるまでは

それなりに月日の長さも感じるのですが

ここから年末までが、どえらく早い。

暗くなってくるのも早くなってきているからか?!

 

さて。台風の影響のようで

大阪には北風が舞い込み、連日の猛暑が和らいできた感じがします。

朝夕が全然違う。/

 

ニュースで週間天気予報を見たらば

この週末、最高気温20度台の数字が…オォ〜(゜o゜)

 

一体、どれくらい久しく見ていないのだろう。

数ヶ月ぶりですか…。

最低気温も18℃とな。

1日だけですけど。それでもそれでも。

 

そんなわけで、たぶん過ごしやすい週末。

 

お休みをしていた、うちの両サイドの

kinoguさん(明日から)とmame-tenさん(2日から)も営業再開しますし

asukaさん(明日から)も9月営業が始まりますし

夏、暑さで外出を控えておられた方も

寺内町散策のご検討はいかがでしょうか…

 

少しずつ、新しい商品も入荷しておりますが

また、改めてホームページでご紹介いたします。

ちなみに当店は、来週9/4〜8までお休みとなります。

 

 

8月の新入荷

光るで

P8113120.jpg

これね。

光を蓄光して暗いとこで光るフェルトを使ってるんですって。

 

で、画像だとわかりにくいんですけど

緑の部分、光ってます。

何パターンかあるんですけど

粘菌っぽいものも…。フェルト造形のままんさん。どこへ行く…

 

小さなビンの中で独特の存在感を放っております。

不思議〜な空気感。

 

空気と言えば、底部分に

清浄にする活性炭を使っているものもあります。

 

ヒラリと色違い

P8113127.jpg

てぬぐいが大活躍の季節ですが…。

このたび、23番地.に新しいてぬぐいが入荷しました。

画像をよくご覧くださいませ…。

 

表/裏で色が違うのがおわかりでしょうか?

染色したい場所に糊を混ぜた染料を金型でのせ、捺し染める技法を「捺染」と呼び

模様などを細かく表現することに向いた技術です。

専用の機械を使い生地に染料を捺し染める「ロール捺染」によるリバーシブル染色を

得意とする竹野染工さん。

この技術をもつのは、日本でもこちらの工場だけとか。

 

hiraliシリーズは、その技術を使って染められたてぬぐいとストール。

季語をイメージした日本の古色で古典柄をモダンに表現しています。

あの薄い生地で両面が色違い…。すごいと思いませんか?

P8113128.jpg

ストールは、こんなふう…。

すでに完売になったパターンもありますが

ぜひぜひ、お手に取ってゆっくりご覧いただきたい品です。

 

このストールなら男性の方にも合わせやすいかも。

お洋服に合わせて色の出し方を変えられるのも楽しいですよね。

 

うのはなマーチ

P8173198.jpg

人気の大地のおやつシリーズに

新しい仲間が加わりました。

「うのはなマーチ」です。

 

以前は、おからかりんとうんお「うのはな日和」として

3種類の味で展開していたものですが、この5月に製造が終了。

そして、その中から塩味が「うのはなマーチ」として

パッケージと名前をリニューアルし再登場いたしました。

 

厳選された国産大豆のおからに

愛知県産小麦粉と粗糖で作った生地を

圧搾一番搾り菜種油であげた、かりんとう。

以前よりも、サクッとカリッと

食べやすくなった「うのはなマーチ」。

パッケージも相変わらずかわいいので

お持たせにもいいかもしれませんねぇ。

 

欠品していた、おいも泥棒・まるける各種

ツバメサブレ各種も併せて入荷しております。

 

 

静かに演出

松田紗和さんから、マクラメレースの

新しいリングがとどきました。

 

これまでも定番で、つぶつぶものや

曲線のものがありましたが

これが何気に一番大人しいかも。

 

寡黙に、しかしながらエレガントに

指元を上品に演出してくれることでしょう。

 

糸だけの指輪なので、金属のものより

いろんなタイプの服装になじむのです。

 

クルリと巻こう

星燈社さんのガーゼストールが入荷しております。

日中の日差しと首を流れる汗が気になるとき

ガーゼストールを巻くと、ちょっと体感変わります。

 

で、も少し先になるかもしれませんが

朝晩が涼しくなってきたときや

マフラーはまだ早い…なんてときも

こういう、グルリと巻けるストールは重宝するのです。

 

ところで、右手前のストールですが

「街灯」というネーミングのパターン。

実は、これ。

この春の終わりというか初夏にかけて開催した

星燈社さんのてぬぐい展で

「この柄のストールはないの?」という声がいくつもあり

それをお伝えしたところ、商品になったもの。

 

老若男女問わず、使っていただけると思うのですよ。

 

薄型レンズ

P7292990.jpg

ちょっと面白い文具を。

フレネルレンズ。

光線透過率のすぐれたアクリルを使用した特殊レンズで

細かな文字なども鮮明に拡大できます。

P7292993.jpg

カードたいぷの薄型なので携帯にも便利。

本に挟んで、しおり替わりにも。

 

 

定番人気

P7292988.jpg

6重ガーゼのおふきんの欠品色、再入荷してきました。

一番上に乗っているのは、水通しを一回下だけの見本。

ふんわりして見えますが、使っていくと

さらにふんわり度が増すのが、ガーゼふきん。

 

定番で扱っている商品の中でも人気で

リピート率が高いのが、このおふきん。

おふきんは数があっても困るものではないので

ちょっとしたキモチのお返しにもご利用いただいております。

 

soraneruさんの帽子

P7292976.jpg

ずーっと暑い大阪。

7月は、30℃以下になった日が1日しかなかったそうな。

日中の外なんて、温室の中のようですからねぇ…。

なんせ、暑い夏です。夏は暑いんですけども、せやけど。

 

さて。日差しを遮ってくれそうな

帽子工房soraneru(ソラネル)さんの帽子が届きました。

夏が終わっても、活躍してくれそうな色と布あわせなので

しばらくは外出の頼もしい相棒となってくれそうです。

 

 

 

まめまめしてる

P7292998.jpg

豆菓子をご紹介しましょ。

手前は「きなこ大豆」奥は「青きなこ黒大豆」

 

大豆をきな粉でコーティングしている

シンプルで素朴なお菓子ですが

きなこが、そこそこコーティングされているので

一粒は、そこそこの大きさなのです。

 

「きなこ大豆」は、まさに きなこの風味満載。

やさしい甘みの後の塩味が何気にえぇ仕事。

「青だいず黒大豆」は、豆の風味を

さらに感じられる青だいずって広島の方では親しまれるそうな。

こちらも隠れた塩味が効いております。

 

凜とシンプル

P7232945.jpg

凛とした清々しさすら感じられる

Glitter glassさんのアクセサリー。

 

すっきりとシンプルなデザインなので

どんな服装にも合うと思うのですよね。

で、ピアスをつけるとこんな感じ(↓)

P7212924.jpg

納品の時に、Glitter glassさんが付けておられたので

耳元を失礼して、撮らせていただきました。

 

イヤリングタイプもあるので

ネックレスと合わせていただいても。

個人的には、シックな色味のセーターとも合うんじゃないかと。

まだまだ暑い季節ではありますが…。

 

 

やさしい色味の

P7232950.jpg

23番地.に新しいうつわが。

 

少しスモーキーなやさしい色合いのフリーカップ。

前回の企画展で、土器に見える器を作ってくださった

京野桂さんのうつわ。

 

これで、お茶やコーヒーを飲んでもよし。

アイスクリームを入れても

おひたしを入れても

冷ややっこも入れても、よし。

 

要するに、使う人の気の赴くままに使える

とってもユースフルなうつわなのです。

企画展「おしりとしっぽ」

企画展「おしりとしっぽ 」

梅さん-1.jpg

ゆるやかなフォルムが魅力のおしり。

時に雄弁に語る しっぽ。

いろいろな生き物がもつ、おしりとしっぽ。

表情豊かな、おしりとしっぽ。

 

そんなわけで、今回のテーマは「おしりとしっぽ」でございます。

これまで、いろいろな企画展等を経て

こ、これは潜在的にお好きな方が多いのでは…と、実感した次第。

 

さて、そのテーマを

いったいどんな風に作り手さんたちはイメージし

作品に表されるのでしょうか…。

ぜひぜひ、ご覧いただければと思います。

 

参加する作り手さん:

itoto(糸モノ)

菓子屋ici(焼菓子)

空想刺繍店(刺繍アクセサリー)

guffaw(クッション)

たあつこ=かおり(絵描き)

藤井製作所(とんぼ玉)

plus ten(筆文字・アート)

ままん(羊毛フェルト)

むっくの部屋(木彫り)

dou-dou(羊毛フェルト) 

 

企画展「おしりとしっぽ 」 

期間:9月21日(木)〜10月15日(日) 

 

さて。

期間中、日にち限定ではありますが

毎回好評の「世界に一枚の似顔絵を」を特別企画として開催いたします。 

P8183200.jpg

画家 一色亜貴子さんがパステルで描く似顔絵。

じんわりと心に寄り添うような温かみは、写真とはまた違った味わい。

一度描いてもらった方が、もう一度とリピートされることも多いのです。

 

毎回、ワンコが多いのですが

今回のテーマは”おしり”と”しっぽ”。

それを持っている持っているならOK!

ということは、ほぼどんな生物でも…ってことに。

 

こちらの特別企画は、ご予約優先ですが状況によっては

その場でお申込みも可能な場合もございます。

写真や携帯の画像からはもちろん

直接ご来店いただいて…も。

所要時間は、1ショット45分ほど。

ショット数により多少変動いたしますので、お申し込みの際に、ご確認くださいませ。

 

ちなみにお値段は下記の通りです。

〈価格〉 

1ショット B5サイズ:1800円

2ショット B4サイズ:3500円

3ショット B4サイズ:4500円 

※各サイズの特製フレームボード付です。

一色さんのオリジナルで、コーナー部分は革なんですよー。

 

そして。

この特別企画の開催日は下記の通りです。 

 9月23日(土・祝)11:00〜16:00

 9月28日(木)  11:00〜13:00

 10月12日(木)  11:00〜13:00

特別企画展開催中のご来店が難しい場合は、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

特別企画「世界で一枚の似顔絵を 」 :予約優先

  9月23日(土・祝)11:00〜16:00

 9月28日(木)  11:00〜13:00

 10月12日(木)  11:00〜13:00

昨日のことやら、以後の予定やら

今日の夕方の寺内町の空。

なんとなく秋の気配がします。

 

昨日は寺内町燈路でした。

朝方に降った大雨で空気が一転し、涼しい一日に。

夜もとても過ごしやすく、そのためか

終了時間を過ぎても町歩きをされている方がチラホラおられ

閉店時間を延長しての営業となりました。

 

出張販売のCUBEさんのパンも完売となり

多くのワンコたちも来てくれて

いつもよりもかなりにぎやかな店内となりました。

途中、お待たせをすることもたびたびあり

申し訳ございませんでした。

 

お越しいただきました、みなさま

お買い上げくださいました、みなさま

ありがとうございました。

 

そんなわけで、昨日

帰宅したのは日付が変わる前でホームページの更新はお休みしました。

 

今日も大阪にしては比較的暑さもマシなお天気。

ゆっくりと見たかったからと、

昨夜に引き続き、ご来店いただけた方や

いつもお越しいただける方々など

通常の、のんびりとした店内で

思い思いに商品を手に取ってご覧いただけておりました。

 

ぶらりとされている方々はおられるものの

まだまだ日中は日差しがきついので

もう少し歩きやすい季節になるといいですね…。

 

そのころに間に合うようにと、閉店後は

携わっている寺内町マップの打ち合わせで

気がつけば、午後10時半。

今日も更新が危ういところでございました…。

 

ところで。

今週一杯、9/3(日)までは通常通り営業いたしますが

定休日明けの9/6(水)〜8(金)の3日間は夏季休業をいただきます。

よろしくお願いいたします。

 

 

よくある夏のこと

朝から暑さがきびしかった、こんな日でも

歩かれている方がいつもよりも多かったかも。

どこぞで何かあったのでしょうか…。

 

午後から閉店時間が回っても

少々ニギヤカだった店内。

「あ〜、涼しい」と入店され

「さぁ、出ていくか」と気合を入れて外へ…

というパターンで、みなさんドアを開けられるのでした。

 

と、同時に

口をそろえておっしゃられるのが

「せっかく来たのに、どこも閉まっている」

これは今日に限らず毎日ですけども。

 

以前は2〜3軒しか開いてないことも確かにありました。

でも、今は開いている店舗数のほうが多いと思うのです。

この夏は、お店も2軒増えましたしねぇ。

ただ、何軒か閉まっているお店が続くので

そういう印象を持たれるのかも。

 

で、そんなときは

まず各店舗ごとに理由があるので

なぜ店が閉まっているのかをご説明させてもらってます。

9月になったら開き始めるので、またお越しくださいとも。

そのあと、開いているお店をご紹介させていただきます。

夏の間の、うちの店の仕事のひとつですな。これは。

 

そんな中、きっとお客さまは気付いておられないと思いますが

カンフル剤のようなお言葉をいただけることがあります。

うちみたいな店でもよかったんや…開けててよかったと救われる思い。

昨日も今日もそんなことがあった日。

 

8月もあと1/3。

愚直に通常通り開けております。

暑いので、開いている店々に入りながら

うまくクールダウンして町歩きしてくださいね。

 

あ、「出張linogu」は25日までですよー。

月前半、じないまちに来られないかたは是非に。

26日は「寺内町燈路」です。