11月の新入荷

焼菓子!

 

PB093833.jpg

前回入荷した焼菓子とジャムが完売していた中、

菓子屋iciさんより、追加入荷がありました。

紅玉りんごのジャムです。

今回は、キャラメルとシナモンの2種類。

シナモンは、わりときいているそうなので

お好きな方は、ぜひに!

 

そうそう。iciさんの紅玉リンゴジャムのファンの方が

「プリンにかけて食べたらおいしい」とおっしゃってました。

 

入荷した焼菓子は、ヴィエノワかぼちゃ。

こちらは、ピスタチオが小技をきかせております。

 

PA153580.jpg

そして、いつもは第2土曜に入荷するasukaさんの焼菓子。

1日だけ早めに、明日金曜日から店頭に並びます。

・全粒粉サブレ

・栗のフィナンシェ

・リンゴとクルミのタルト

 

栗のフィナシェは、初登場。

自家製の栗の渋皮煮が、ごろんと入っています。

フィナンシェのしっとりとした甘さと相まって

奥深い上質な焼菓子となっています。

口の中で秋を感じてくださいまし。

 

季節の限定品は、タルトも。

紅玉リンゴとクルミのタルト。こっくりとした風味は

一息つきたいティータイムのお供に。ぜひに。

10月の新入荷

 

iciさんの焼菓子

 

前回完売した、周年記念の「ありがとうボックス」

この追加分が入荷しました。

前回と内容が、がらりと変わります。

 

・ロザス2種類

・クロッカンノア

・くるみといちじくのクグロフ

・紅玉リンゴキャラメルのバターケーキ

 

これらが入ったお得な詰め合わせに、さらに手編みのコースターまでついています。

周年記念は、これが最終となりますので

前回、逃された方はぜひ。

20140606_1204977.jpg

あと、単品として

・ロザス(あんず)※画像のものです

・クロッカンノア

・くるみといちじくのクグロフ

・紅玉リンゴキャラメルジャム

 

絞り方で、「バラ」を指すというロザス。

バターの風味が豊かな、しっかりとした

お味の、サクサククッキー生地と

真ん中に載った、自家製ジャムの爽やかな酸味が、ベストマッチ。

クグロフは、南河内産のいちぢくを

セミドライにしたものとクルミが入っているのですが
それぞれの味が主張しすぎず一体となっているので、とても食べやすいのです。

まろやかさの秘訣は、溶かし込まれたホワイトチョコ。

 

とても手のかかるお菓子で「あんまり作りません」とiciさん。

手のひらに乗る小さなお菓子です。

 

そういえば、高価で小さなスイーツはダイエット中のご褒美にいいんですって。

でも、このクグロフ。大きさで見ると高いと思うかもしれませんが

びっくりするようなお値段ではございません。ちなみに。

 

で、紅玉リンゴキャラメルジャムですね。

契約農家さんの長野県産の紅玉りんごを使っていて
りんごの風味の後にキャラメルの波がやってくる
この余韻が嬉しい、そのまま食べたくなるジャムです。

 

毎回人気なのですが、年に1〜2回しか入荷しませんので

店頭にあるうちに、ぜひ。

 

それから、もう一つお知らせ。

いよいよこの季節となりました。

11月より、シュトーレンの受付を開始いたします

iciさんのシュトーレンは、ぎっしり、どっしり。

とてもリッチで豊かな味わいです。

20141113_1436250.jpg

 

シュトーレンについては

詳しくは、コチラ

 

asukaさんのお菓子

 

少しフライングですが…。

いつもは第2土曜に届くasukaさんの焼菓子。

今月は、明日金曜日から並びます。

PA123565.jpg

・全粒粉のサブレ

・くるみのサブレ

・栗のタルト  以上です。

 

栗のタルトは初めて並ぶかも。

自家製の優しい甘さの栗の渋皮煮が

ごろりと大胆に乗ったタルトは、外側のタルトのサクサク感と

しっとり濃厚なアーモンドクリームの味わいが楽しめます。

季節限定なので、ぜひにー。

 

菓子屋iciさんの焼菓子

 

菓子屋iciさん。

今月で8周年なんですって。

毎年この時期は周年のありがとうBOXを作ってくださいます。

 

今年も

紅茶クッキー/チョコクッキー/クロッカン/

レーズンクッキー/紫いもクッキー/ヴィエノワメープル

の6種類が入った、お得な詰め合わせが登場です。

1年に一回限りの、ありがとうBOX。

レース編みのコースターも付いていて、さらにお得感。

初めての方もリピートの方も、ぜひ。

 

そして、その他単品で

・紅茶クッキー

・チョコクッキー

・クロッカンノア が入荷しております。

9月の新入荷

大地のかりんとう

全粒粉のかりんとう「大地のかりんとう」は、黒糖・塩・天空の古来茶の3種類。

素朴な味わい深いかりんとうです。

製造量の都合でなかなか入荷が難しく、

3月以来ですが、本日入荷いたしました。

次回入荷は未定。

お問い合わせいただくことも多い「大地のかりんとう」

出会ったときに、ぜひご賞味くださいませ。

 

 

スタッキングマグ

P9143377.jpg

うちではあんまり入荷しない

プラスティックのマグ。スタッキングもできます。

 

スモーキーな色味がカッコイイ。

アウトドアで使ってもらったらいいかな、なんて思うのですが。

 

そういえば、先日行った醒ヶ井では湧き水なのかな…

ところどころに「飲めます」と、飲水所があったのですが

そんなところや岩清水など、このマグをサッととりだして飲む…

なんて旅のお供にするのも、いかがでしょう?

 

 

秋の装いに…

P9143374.jpg

秋っぽい、こっくりとしたアクセサリーが

空想刺繍店さんから届きました。

ビーズがぎっしりと刺繍されたイヤリングとピアス。

 

そして、鈴蘭という可愛いタイトルのイヤリングとピアスも。

スタンプワークという立体的な刺繍があるのですが

それによく用いられる技法で、表現された鈴蘭。

細く小さいだけに、糸始末のことなど考えたら…肩が凝りそう(*´Д`)

 

どちらも、どんな服装にも合うのでは?なんて思いますが。

これからの行楽シーズンに合わせて

新しいアクサセリーで、お出かけしてみませんか?

 

お待たせの再入荷

P5252354.jpg

しばらく欠品しておりました黒米が再入荷いたしました。

大阪で唯一の村、千早赤阪村で作られたものです。

 

白米と一緒に炊くと、お赤飯のようにも。

これは、ポリフェノールを含んでいるから。

アンチエイジングに良いとされる成分ですな。

 

夏の疲れが出てくるこの季節。

栄養価の高い黒米を取り入れてみられては?

 

 

ピッてするやつ

P9013368.jpg

日本製の牛革パスケースが

色とりどりに入っています。

 

このところ、めっきり電車に乗る機会が減っているので

たまに改札を通ろうとすると

ICカード限定みたいな改札もあって

「おぅおぅ」と、ちょっぴしうろたえたりします。

見ると、みなさんスマートにピッピッって通ってはる。

  

発券機もちょっと見ない間に、なかなか複雑になってて

どこ見てえぇんやら、ちょっとワラワラするけど

「別に戸惑ってないから…」みたいな空気を背中から出してみる…。

 

さて、話は戻り。

シンプルな作りではありますが、

ピッピッのカードをお持ちの方、またはプレゼントにいかがでしょう?

 

素朴のかたまり

P9013365.jpg

ひさしく欠品しておりました

カラデラカディのタオルが入荷しました。

 

カディとは、手紡ぎ手織りのインドの布のこと。

カラデラ村で作らているから、カラデラカディ。

 

この村では、主に男性が織りを

糸つむぎを女性が担当しているのだそうな。

ざっくりとした風合いは、なんとも素朴。

使っていくうちに、やわらかくなじんできます。

この布を目にするだけで、なんとなく癒し効果。

手仕事モノの見えない力を感じます。

 

カディはインドでは一時、すたれていたのですが

それを復活させたのは、かのガンジー。

収入源となるものは、その土地の人たちで得られる方法を…。

そういう考えは、いつの時代にも基本なのかもしれませんねぇ。

8月の新入荷

光るで

P8113120.jpg

これね。

光を蓄光して暗いとこで光るフェルトを使ってるんですって。

 

で、画像だとわかりにくいんですけど

緑の部分、光ってます。

何パターンかあるんですけど

粘菌っぽいものも…。フェルト造形のままんさん。どこへ行く…

 

小さなビンの中で独特の存在感を放っております。

不思議〜な空気感。

 

空気と言えば、底部分に

清浄にする活性炭を使っているものもあります。

 

ヒラリと色違い

P8113127.jpg

てぬぐいが大活躍の季節ですが…。

このたび、23番地.に新しいてぬぐいが入荷しました。

画像をよくご覧くださいませ…。

 

表/裏で色が違うのがおわかりでしょうか?

染色したい場所に糊を混ぜた染料を金型でのせ、捺し染める技法を「捺染」と呼び

模様などを細かく表現することに向いた技術です。

専用の機械を使い生地に染料を捺し染める「ロール捺染」によるリバーシブル染色を

得意とする竹野染工さん。

この技術をもつのは、日本でもこちらの工場だけとか。

 

hiraliシリーズは、その技術を使って染められたてぬぐいとストール。

季語をイメージした日本の古色で古典柄をモダンに表現しています。

あの薄い生地で両面が色違い…。すごいと思いませんか?

P8113128.jpg

ストールは、こんなふう…。

すでに完売になったパターンもありますが

ぜひぜひ、お手に取ってゆっくりご覧いただきたい品です。

 

このストールなら男性の方にも合わせやすいかも。

お洋服に合わせて色の出し方を変えられるのも楽しいですよね。

 

うのはなマーチ

P8173198.jpg

人気の大地のおやつシリーズに

新しい仲間が加わりました。

「うのはなマーチ」です。

 

以前は、おからかりんとうんお「うのはな日和」として

3種類の味で展開していたものですが、この5月に製造が終了。

そして、その中から塩味が「うのはなマーチ」として

パッケージと名前をリニューアルし再登場いたしました。

 

厳選された国産大豆のおからに

愛知県産小麦粉と粗糖で作った生地を

圧搾一番搾り菜種油であげた、かりんとう。

以前よりも、サクッとカリッと

食べやすくなった「うのはなマーチ」。

パッケージも相変わらずかわいいので

お持たせにもいいかもしれませんねぇ。

 

欠品していた、おいも泥棒・まるける各種

ツバメサブレ各種も併せて入荷しております。

 

 

静かに演出

松田紗和さんから、マクラメレースの

新しいリングがとどきました。

 

これまでも定番で、つぶつぶものや

曲線のものがありましたが

これが何気に一番大人しいかも。

 

寡黙に、しかしながらエレガントに

指元を上品に演出してくれることでしょう。

 

糸だけの指輪なので、金属のものより

いろんなタイプの服装になじむのです。

 

クルリと巻こう

星燈社さんのガーゼストールが入荷しております。

日中の日差しと首を流れる汗が気になるとき

ガーゼストールを巻くと、ちょっと体感変わります。

 

で、も少し先になるかもしれませんが

朝晩が涼しくなってきたときや

マフラーはまだ早い…なんてときも

こういう、グルリと巻けるストールは重宝するのです。

 

ところで、右手前のストールですが

「街灯」というネーミングのパターン。

実は、これ。

この春の終わりというか初夏にかけて開催した

星燈社さんのてぬぐい展で

「この柄のストールはないの?」という声がいくつもあり

それをお伝えしたところ、商品になったもの。

 

老若男女問わず、使っていただけると思うのですよ。

 

薄型レンズ

P7292990.jpg

ちょっと面白い文具を。

フレネルレンズ。

光線透過率のすぐれたアクリルを使用した特殊レンズで

細かな文字なども鮮明に拡大できます。

P7292993.jpg

カードたいぷの薄型なので携帯にも便利。

本に挟んで、しおり替わりにも。

 

 

定番人気

P7292988.jpg

6重ガーゼのおふきんの欠品色、再入荷してきました。

一番上に乗っているのは、水通しを一回下だけの見本。

ふんわりして見えますが、使っていくと

さらにふんわり度が増すのが、ガーゼふきん。

 

定番で扱っている商品の中でも人気で

リピート率が高いのが、このおふきん。

おふきんは数があっても困るものではないので

ちょっとしたキモチのお返しにもご利用いただいております。

 

soraneruさんの帽子

P7292976.jpg

ずーっと暑い大阪。

7月は、30℃以下になった日が1日しかなかったそうな。

日中の外なんて、温室の中のようですからねぇ…。

なんせ、暑い夏です。夏は暑いんですけども、せやけど。

 

さて。日差しを遮ってくれそうな

帽子工房soraneru(ソラネル)さんの帽子が届きました。

夏が終わっても、活躍してくれそうな色と布あわせなので

しばらくは外出の頼もしい相棒となってくれそうです。

 

 

 

まめまめしてる

P7292998.jpg

豆菓子をご紹介しましょ。

手前は「きなこ大豆」奥は「青きなこ黒大豆」

 

大豆をきな粉でコーティングしている

シンプルで素朴なお菓子ですが

きなこが、そこそこコーティングされているので

一粒は、そこそこの大きさなのです。

 

「きなこ大豆」は、まさに きなこの風味満載。

やさしい甘みの後の塩味が何気にえぇ仕事。

「青だいず黒大豆」は、豆の風味を

さらに感じられる青だいずって広島の方では親しまれるそうな。

こちらも隠れた塩味が効いております。

 

凜とシンプル

P7232945.jpg

凛とした清々しさすら感じられる

Glitter glassさんのアクセサリー。

 

すっきりとシンプルなデザインなので

どんな服装にも合うと思うのですよね。

で、ピアスをつけるとこんな感じ(↓)

P7212924.jpg

納品の時に、Glitter glassさんが付けておられたので

耳元を失礼して、撮らせていただきました。

 

イヤリングタイプもあるので

ネックレスと合わせていただいても。

個人的には、シックな色味のセーターとも合うんじゃないかと。

まだまだ暑い季節ではありますが…。

 

 

やさしい色味の

P7232950.jpg

23番地.に新しいうつわが。

 

少しスモーキーなやさしい色合いのフリーカップ。

前回の企画展で、土器に見える器を作ってくださった

京野桂さんのうつわ。

 

これで、お茶やコーヒーを飲んでもよし。

アイスクリームを入れても

おひたしを入れても

冷ややっこも入れても、よし。

 

要するに、使う人の気の赴くままに使える

とってもユースフルなうつわなのです。

7月の入荷

米蜜ビスケット

P5272372.jpg

渋い黒い箱に入っているのは、

お米から作られた飴と玄米甘糀のビスケット。

金沢で有名なお米の飴”じろあめ”が使われています。

 

しっかりと焼きあがったビスケットは

はじめは「ん? 甘さは?」と思うのですが

そのうち広がる、やさし〜い甘み。

なんというか、まろやかな丸みのある甘みなのです。

 

もしかしたら、本当の甘さとはこういうことなのか…

と、思わせてくれるような奥深い味わいなのです。

 

少し気持ちをゆっくりさせたいな

なんて思うときのお茶のお供にぴったりです。

 初回入荷の時は、お伝えするタイミングを逃し…。

再入荷分のお知らせとなりましたー。

 

黙ってても…おる

P7202933.jpg

先日入荷した日々窯さんのやきもの。

日々窯さんは、生き物モノも得意にされています。

 

実は、ちょこちょこと

このような生き物系オブジェは入荷しておりまして…。

ご覧になられた方も多いのでは。

 

奥に見えているシロクマさんは、久しぶり。

アジのあるカレラは、そっと置いていても

いぶし銀な存在感を放つのでありました。

 

まるくひかる

P7232949.jpg

涼しげなガラス。

おはじきをステンドグラスの要領でぐるりとハンダ付け。

耳元にゆらゆらするピアスとイヤリングを

作ってくださったのは、Glitterglassさん。

 

「これから浴衣を着る方も増えると思うので

一緒にコーディネートを楽しんでもらえたら…。」とのこと。

でも、冬になってもタートルネックと合わせるのもいいと思うのですよね。

そんなわけで、年中。

 

印象も可愛いのですが、お値段も可愛いのです。

 

ゆらめくバタフライ

P7202949.jpg

ゆーらゆーら。

扇風機の風でご機嫌に舞っております。

人が横を通り過ぎたぐらいでも、ユラリとします。

 

七色和佳(nanairowakka)さんの薄木モノ。

繊細な薄さの木は

やさしさもありつつ、しなやかさもありつつ。

 

この揺らいでいる蝶を見るのもいいのですが

その影を見るのも、なかなか乙なもの。

 

 

蚊はあっちー

P7202926.jpg

なんとも愛嬌たっぷし。

日々窯さんの蚊遣り器。チョウチンアンコウなのだー。

こんな顔して仕事します。

がばぁーと口を開いて…。

P7202930.jpg

蚊取り線香をおきませう。

しゃべりだしそうやわ…。「セット完了っすか?あはー」みたいな。

 

蚊の季節が終わったら、ろうそくを入れて

漏れ光る灯りを楽しむのもいいかも。

もちろん、置いておくだけで気持ちがゆるむこと間違いなしです。

 

立てて敷いて

P7142893.jpg

実はちょっと前に入っていたのですが

お知らせするタイミングを逸しておりました。

 

メキシコのタイル、大小サイズともに

いろいろと入荷しております。

何枚かあるもの1枚しかないものそれぞれですが

使い方も、結構それぞれ。

 

大きいものは裏にシートやフェルトを貼って鍋敷きに…

という方が一番多いでしょうか。

そのまま棚に立てかけておいても雰囲気が出ますし

器用な方でしたら、トレイやボードのトップとして埋めたりと

思い思いの工夫で楽しんでくださいませ。

 

古代米の黒米

欠品しておりました

千早赤阪村の黒米が入荷しました。

黒い色はポリフェノール。

美肌など美容に効果があるとされております。

 

栄養価も白米より高いようですので

ムシムシと暑さが続いて、だるさも感じるこの時期。

白米と一緒に炊いてみてはいかがでしょう。

パッケージもかわいいので

健康に気を使っている方へのプレゼントにも。

 

ざっくりと足元

オーガニックコットンを

撚りに強弱をつけたスラブ糸を使った

ざっくりとした靴下。

 

従来の半分くらいの針数なので手編み感もありつつ

スラブ糸のボリューム感もありつつ。

柔らかな風合いと涼しさを兼ねている靴下。

 

これから活躍しそうなサンダルとの相性もよさそう…。