お洋服を作ろう!日曜編

水曜日に行ったワークショップ

「お洋服を作ろう!」

日曜日編にお申込みの方の教室が本日行われました。

 

今日も個性があふれます。

この生地は、インドのサリー。

大胆なパターンと色遣いは

アフリカのバティックを思わせます。

どの部分をどう使っていくか…

講師と相談して進めていきます。

ザックザックザック。

型紙に合わせて布を裁っていきます。

それぞれ好みの丈にあわせているので

型紙の裾部分は折り曲げて。

切り終わったら、

縫い合わせていくところの説明を受け

ミシンをかけていきます。

普段はミシンをしないという方でも

ドンドン進めて行けるのが、この講座のいいところ。

「お洋服の縫い代は、こちらに倒してね」

洋服づくりの基礎を

各自のペースに合わせて教えてくれます。

裾まわり。縫う部分は少ないけど

見えるところになるので、慎重に。

ウエスト部分を縫っていって…

ゴムを通していけば… 完成!

とても似合っておられたのですが

バタバタしていて、試着されていた時に写せず

持って合わせていただきました。

すみません!

絣の織物のよう。

こちらは、麻素材のものを。

季節によって

涼しそうにも温かそうにも見えるかも。

サリーの生地が変身。

裾にゴムを入れるアレンジを。

ちなみに上着は

お隣kinotesのlinoguさんのものです。

 

水曜日の方々もそうですが

普段、ミシンをしないという方々がほぼ。

それでも、みなさん時間内に完成をして

さらに、みなさん「追加で作りたい!」と

ご自宅で作られるため、講師と相談して

布を決めていく作業も楽しそう。

 

早速、作られたパンツをはいて

本日 寺内町散策に来られた水曜日ご参加の方も!

さらに娘さんにも作られたと見せに来ていただきました。

違う布も購入されて、またまたさらに作れるそうです。

すごい!

 

講師の内納さんが、お一人お一人と向きあって

丁寧に教えてくださるので

初めて洋裁をされる方でも大丈夫なんですねー。

 

本日、ご参加いただいたみなさま

ありがとうございました。

そして、講師の内納さんお疲れさまでした。

 

ところで…。

ご参加いただいた方からのリクエストや

ワークショップの様子を見学されて

「やってみたい」という方も何人もおられたので

次回開催を検討しておりますー。

 

内容は変わりますが、きちんと決まりましたら

また、当店ホームページでご紹介いたしますね。

ちなみに6月ごろの予定となっております。

 

お洋服を作ろう!

23番地.では、初めてとなる洋裁のワークショップ。

1つのパターンから3つの幅のパンツを作れるのですが

まずはサンプルを試着していただき

どれを作るかを決めていただきました。

それから、只今販売中の

インドの生地から必要分をご購入ののち

いよいよワークショップの始まりです。

 

型紙に合わせて、布を裁っていきます。

レクチャーを受けて、ゆっくりと。

布の裁断が終われば、縫い合わせていきます。

ちなみに、普段

ミシンを使われてない方も参加いただいております。

が、カタカタカタ…と

いい調子のミシン音が教室内に響きます。

こちらの方は、マイミシンご持参。

このミシンと相性がよくないから、使い方も教えてほしいと。

ちょっとした使い方の間違いがわかり

使いこなせなかったお悩みも解消。

縫い代の割りは、手アイロン。

このあたりをきれいにしておかないと

仕上がりにも影響します。

一枚の布が、どんどん形になっていく楽しさ。

みなさん、ミシンを使いこなされています。

縫製のコツを聞きながら…。

さぁ、最後の仕上げ。ウェストのゴム通し。

ご自身の腰回り×0.9の長さのゴムを通していきます。

 

完成したら、やっぱり試着!

どの方もからだにそうように、とてもいい感じ。

家で作るからと布を追加で購入されたり

「こんなワークショップがしたい」と希望を出されたりと

服づくりの楽しさを、みなさんで感じられているようでした。

 

受講いただいたみなさま、ありがとうございました。

講師の内納さん、お疲れさまでした。

 

この講座は、3/4(日)も行われます。

第2部11:30~と、第3部12:30〜でしたら

多少お席に余裕がございますので、

ご興味ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

講座の詳しい内容は、コチラ

 

 

風景ビン教室 春

今日は、「風景ビン教室 春」が開催されました。

夏から始まった季節シリーズは

いよいよ最終回の春の風景を作っていきます。

若葉の緑が目にも瑞々しい…。

バタバタしていて、教室を覗いてみたら

ほどんど、みなさん終わりかけ。

今回は小学生も参加。

ストーリーをしっかり持っていて

ばっちりと素地を作っていってます。

完成したのが、こちら。

きっちり作り込んでいます。

牧歌的な風景の中では、アヒルがのんびり。

コチラの方は全季節コンプリート。

コチラはまた、ちがうアプローチの春。

これまた、まったく違う景色。

この青は蓄光するので、暗闇で光ります…フフフ

 

「たのしかったー!」という声も飛び出した

風景ビン教室の季節シリーズは終了しましたが

違う風景をビンに閉じ込めるワークショップが

できたら楽しいですねーなんて話も。

 

ご参加いただきました みなさま

ありがとうございました。

そして、講師のままんさん お疲れさまでした。

新春のヘタ文字

本日開催のヘタ文字教室。

午前/午後の部、ともにニギヤカなワークショップとなりました。

新春の想いを文字にして

パッチワーク風に貼った生地に載せていきます。

レクチャーを受けた後、見本を参考にしながら

どんどん書きたい文字を練習していきます。

「わからんようになってきたー」

とは言いつつも、この出来栄え。

たくさん書いて、どれを額装するか

バランスを取りながら考えます。

さらに考えるのは、パッチワークしていく布。

この並べ方でも印象が変わります。

額に入れる前も悩むー。

 

そして。

完成!

始めから決めていた言葉で初志貫徹の方。

書き進めていくうちに、

どんどん浮かんできて違う言葉になる方。

 

笑い声は絶えないのだけど

書くことに真剣に皆さん取り組まれてました。

これこそ、ヘタ文字教室のコンセプト。

楽しく書いてみよう! 

 

また次も参加してみたいという方もおられたり

今回、残念ながらご参加いただけない方もおられたりなので

また次回の開催が決まりましたら、

こちらでご報告いたしますね。

 

ご参加いただきました みなさま

ありがとうございました。

講師のplus tenさん お疲れさまでした。

 

生地だけ先行で

只今、参加者さんを募集しているワークショップ

お洋服を作ろう! Vol.1(2/28 or 3/4)」では

インドで作られた、主に手紡ぎ手織りの生地を使って

パンツを作っていただくものですが

そこで使用する生地を、2/21より先行販売いたします。

手紡ぎ手織りの風合いを強く感じる

ネップが入ったものや

木版型染のゆらぎが味を出すウッドブロックのものを中心に

たくさん入荷してまいりました。

 

どれも、独特の味わいのあるものが多く

服を作られない方は、テーブルカバーにしてもよさそう。

少し近づいてきた春の準備で

カバー類などを新調するのもいいのではないかと思います。

 

カットは50儖幣紊

そのあとは10冀碓未任切りいたします。

必要量をお申し付けください。

生地の販売は、2/21(水)〜3/4(日)の間のみです。

 

そして、ワークショップですが

少しずつ埋まってきております。

作るパンツの見本も届きましたので、店頭でご覧いただけます。

 

「ミシンは苦手でダメなんですがー」

という方もお申込みいただいておりますし

講師のatelier Rosalie(アトリエロザリー)さんも

「ぜひ、トライしてみてください」とのことですので

ご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

 

「お洋服を作ろう! VOL.1 パンツ編」

開催日:2018年2月28日(水)または 3月4日(日)

定 員:10:30~(2/28満席)11:30~ 12:30~ 各回2名

持ち物:特になし(myミシン使用をご希望の方は、持参可能です)

参加費:3500円(パターン代込)+生地代(当日店内の生地をご購入ください)

講 師:atelier Rosalie(アトリエロザリー) 内納令子

詳しくは、コチラ