蒸し暑ーい。

あぁ、とうとう来てしまった この季節。

その暑く重たい空気の中、

お越しいただき開催された「風景ビン教室」

 

とっても小さなフィギュアを使って

ビンの中に夏の風景を作り出していくのですが、

それがどれくらい小さいかというとですね…

お分かりいただけますか? ピンセットの先との対比で。

ずっこけいているのはレスキュー隊員。

奥のゴマ粒みたいなのは、アヒルたち。

モスやフェルトで風景を作り出したら

事前に選んでおいたフィギュアをセット。

製作過程の画像が撮れなくて

ほぼ出来上がっております…。

今回はみなさん、ヨーグルト瓶でなく

この形をチョイス。

当日、ビンの形を選んでいただけることになりました。

まったりしてみたり

ハイキングしてみたり

働くおじさんしてみたり

 

ビンの中の小さな世界ですが

作られた方の個性がそこには広がっております。

 

ちなみに…。

ワークショップの部屋からは

めっちゃ楽しそうな笑い声が、ずっとしていたので

たまらずに、ワークショップ終了後

ままんさんが片付けているのをしり目に、ちょっと水道の蛇口で遊んでみました。

レスキュー隊を邪魔する農夫。

小さすぎでわかりませんねぇ(´▽`*)

 

ご参加いただきましたみなさま

ありがとうございました。

講師のままんさん、お疲れさまでした。

 

次回「風景ビン教室」季節シリーズ秋は

9月30日(土)開催予定です。

詳細が決まりましたら、またご報告いたしますね。