えんぎもん、ならびます

「この年末の企画展は縁起物でいきますからー」

 

と、お声がけをして、例によって具体例は出さず

作り手さんの感性にお任せした「えんぎもん」

 

これ。

わりと幅広いテーマなんです。

ですが、ほぼ日本の縁起物の中におさまってます。

それぞれの縁起物は、またおいおいお伝えしていきますが

11月の23番地.は、新しい年を迎える空気まっしぐら。

 

年末ということで、特集をしていた「ぽち袋」もそのままステイ。

店内に点在している、縁起モチーフも

企画展コーナーに連れてきております。

 

楽しみながら、縁起物を探していただいて

ここから「縁起イイ」が拡散しますように。

 

 

企画展「えんぎもん

2018.11/14(水)~12.9(日)

 

11月はえんぎもん

今年最後の企画展は「えんぎもん」

 

招福祈願・無病息災・五穀豊穣・商売繁盛・厄除祈念…

いろいろなことにまつわる縁起物。

 

それは、モノであったり、

行事であったり、食べ物であったり。

 

気軽な感じで取り入れてみませんか?

新年を前に「えんぎもん」

 

えんぎもんを作ってくださるみなさま

co mu 織物 / itoto 糸モノ

yago バーナーワーク / 菓子屋ici 焼き菓子

むっくの部屋 木彫り / 藤井製作所 とんぼ玉

Glitter glass ステンドグラス / 松田紗和 マクラメレース

plus ten 筆文字・デザイン / 空想刺繍店 刺繍アクセサリー

fee-joujoux 消しゴムはんこ / 日々窯 陶器

たあつこ=かおり 絵描き(会期はじめはございません)

 

企画展「えんぎもん」

2018.11/14(水)~12.9(日)

 

笑い納め

plus tenさんの個展「墨笑う」が終了いたしました。

 

お越しくださいましたみなさま

お買い上げくださいましたみなさま

ありがとうございました。

 

個展タイトルのとおり、笑い声の絶えない日々。

毎日、ご友人やお知り合いの方がお越しになり

またplus tenさんの文字のファンの方が来られたりと

あっというまの2週間。

いろんな楽しいお話を伺ったり、

作品に対する想いや考えをお話しくださったり。

 

そして何より、そのお人柄を体現したかのような

作品たちが作り出す空間の心地良さ。

それに魅了された方々のお手元に

思い思いの作品が渡っていきました。

 

いろいろなアイデアと構想で楽しませてくださった

plus tenさん、お疲れさました。

そしてありがとうございました。

 

 

さて。

個展の後は、そのスペースに

特集として「ぽち袋とくつした」が並びます。

いや、紙モノも席巻しているか…。

期間は10/17〜11/11の約1か月間。

内容も期間中、すこしずつ変えていこうかなぁと思っています。

 

展示会でも企画展でも個展でもなく

あるアイテムにフィーチャーした特集。

ちょっと初めてする形態かもしれませんが

今まで店頭になかったテイストのものも入りますので、お楽しみに。

 

 

ポップな気分で墨絵

連休中日は、昨日よりも暑さもマシになり

いくばくか歩きやすかったのではないでしょうか。

 

plus tenさんの個展のテーマは「笑う」

実際にご本人もよく笑う方ですが、

あちらこちらに「笑」の文字が見えております。

 

この、とても雰囲気のある伊勢和紙に書かれているのは

「笑う」ことわざシリーズ。

旅だっていったものもあり、もう残り少なくなっているのですが。

 

手漉き和紙に書かれているのは、墨絵もあります。

100枚すべて違うものが描かれていて、まさにアート。

ほぼすべてが肉筆なので、一点モノばかり。

でもそれは、堅苦しいものではなく。

 

けれども、日常の空間を少し引き締めてくれるような、そんな感じ。

額装されているものよりもお求めやすいので、

なにかフィーリングが合うな、と思ったら

なにはともあれ、この秋から飾ってみませんか?

 

明日は開店時から、plus tenさん ご在廊です。

 

 

plus ten ミヤベユカ個展

   「墨笑う」墨 笑うがごとく

 

期間:2018.10.3(水)〜10.14(日)

会期中の休み : 10/9日 10日

在廊日:10/3(水)・6(土)・8(月・祝)・14(日)

魔法の文字

しとしとしとしと。

今日はすこし肌寒い雨の一日となりました。

 

こういう雨の降り方は、寺内町の風景を

しっとりと落ち着いたように見せるのですが

町はかなり静かになります。

 

開催中のplus tenさんの個展「墨笑う」。

墨の濃淡で表現された文字や墨絵は

そんな雨の日には、さらにそのたたずまいを際立させるのです。

 

作品とも一期一会。

遠方よりお越しになられた方が

個展のことは知らずに入店されたのですが

「すごくいいねー、自分への教訓にしよう」と

気に入られた作品を連れて帰られました。

「これを見るたび寺内町のことを思い出して、また行こうと思うね。」とも。

 

あぁ、魔法の文字。

 

 

plus ten ミヤベユカ個展

   「墨笑う」墨 笑うがごとく

 

期間:2018.10.3(水)〜10.14(日)

会期中の休み : 10/9日 10日

在廊日:10/3(水)・6(土)・8(月・祝)・14(日)