こんな生地

開催中のインド生地販売ですが

「チクチクの素材展」といいます。

やっぱり、こんな感じの生地をイメージされるのではないでしょうか。

こちらは木版プリントの草木染。

アジュラックと呼ばれる この生地は

インド西部のカッチ地方で伝統的に作られているものです。

職人さんたちの手業で、イスラム文様をベースにした美しい布がうまれます。

こちらも木版プリントの生地。

服を作るほど長さはないけど、布として存在感のある布コーナー。

 

プリントとはまた違う味わいの織り生地も。

生成の生地のバリエーションもいろいろ。

リネン生地もあったりします。

副資材としてボタンなども同時販売。

個性豊かですよー。

 

なかなか全部は紹介しきれませんが

市販の生地にはない味わいを手に取ってご覧いただければと思います。

 

「チクチクの素材展」〜3/3

 

インドの布どーん

「やめられないとまらないおやつ」

本日で終了いたしました。

足を運んでいただきましたみなさま、ありがとうございました。

 

期間中、いつもお越しいただく方

初来店の方にも楽しんでいただけたようで、有難いです。

徐々に普段の取り扱い内容になっていきますが

期限のあるものは、そのまま引き続き店頭にございますので

気になるものがありましたら、お手に取ってみてくださいね。

 

そして。

お菓子が占有していた場所は、ガラリと変わり

今度は、布・布・布・ボタン…となっております。

 

定番の布から新作まで

色々なタイプの布が届いておりますので、お楽しみに。

期間中、新しい布も届く予定です。

2/6から3/3までに期間限定で取り扱っておりますので

お立ち寄りいただければと思います。

 

また、これらの生地を使って

お洋服を作るワークショップがあります。

少しずつ、お席が埋まってきておりますので

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

詳細は、下記にて。

 

 

「お洋服を作ってみよう!」

開催日:2月27日(水)または 3月3日(日)

定 員:10:30~ 11:30~ 各回3名

詳しくは、コチラ

インドの布〜

2/6(水)から3/3(日)までの期間限定で

インドから届いた布を販売いたします。

 

たとえば、手紡ぎ手織りのカディと呼ばれる

布に施されている模様は

ウッドブロックと呼ばれる版木に染料をのせ

色の違うところは、一色ずつ色を変えて

一つ一つ手押しされたものです。

 

少し柄がずれていたりするところは手仕事の証。

そして、そのゆらぎが味わい。

 

エスニックな布ではありますが

和のものとは調和するので楽しいハーモニーが生まれそう。

インテリアのほんの一部に、こういった布を取り入れると

大きく模様替えをしなくても

また違った雰囲気を楽しむことができます。

 

薄い生地も入ってきているので

ストールにしてもいいかもしれませんね。

 

ご紹介した生地以外にも、いろいろ。

そんな布を使って洋服を作るワークショップが開催されます。

 

「お洋服を作ってみよう!」

開催日:2月27日(水)または 3月3日(日)

定 員:10:30~ 11:30~ 各回3名

詳しくは、コチラ

えんぎもん終了と音楽展

企画展「えんぎもん」、本日で終了いたしました。

足をお運びいただきました みなさま

お買い上げくださいました みなさま

ありがとうございました。

 

前回のplus tenさんの、「笑」をテーマにした個展で

書をお求めくださったお客さまが

「あれを飾ってから、いいことが次々とあった…」と

お話しくださったことがありました。

 

そんな嬉しいご報告が、今回の企画展でも生まれたら

ものすごいことではありませんか…。

 

お手に取っていただいた「えんぎもん」が

素敵な新しい年を運んできてくれることを願いつつ

たくさんのハッピーエピソードが伺えることを願いつつ

今年の最後の企画展の片付けが終了いたしました。

定休日明けからは、変わって

星燈社さんの「雪夜の音楽展」が始まります。

 

この時期にふさわしい図柄『雪夜』

しっぽりとした中にもポップさもある、そんな不思議な魅力の『雪夜』

派手なものは好きじゃないけど地味すぎるのも嫌という方への

クリスマスプレゼントにもいいのではないでしょうか。

『雪夜』製品含め、店内で3,000円以上お買い上げのお客様に

小田晃生さんの楽曲 CD『雪夜』をプレゼントいたします。

 

詳しくは、コチラで。

 

 

ニギヤカシに、

「やめられないとまらないおやつ」特集も、同時に始まります。

 

余談ですが、冬らしい寒さとなった今日は、

さすがに「雪夜」ではありませんが

この準備を終えて、夜空を仰ぎ見ると

空気がきれいなのか、星々がくっきり。

お店の屋根の上には、デーンとオリオン座が輝いていました。

22時半ごろはこの位置なんですな、今の季節。

 

 

星燈社展示会「雪夜の音楽展」2018.12.12〜2019.1.14

特集「やめられないとまらないおやつ」2018.12.12〜2019.2.3

 

あさってまで

企画展「えんぎもん」も

はやいもので、あさってまでとなりました。

 

23番地.の常連のお客さまや

目指してお越しいただく方や

また、作り手さんのお知り合いの方

いつも企画展の時にお越しいただく方など

それぞれの方が思う「えんぎもん」を手に取られ

品薄になっている作り手さんのものもありますが

まだまだ、縁起のいいものありますので

週末、少し寒くなりそうですが

暖かくして、お立ち寄りいただければいいなと思います。

 

暗くなるのも早く、5時ごろには暗くなってきますが

店の前の道から続く城之門筋の行灯に

電気が灯るのも早くなってきていますので

今までよりは、風情ある道なりを

早い時間から楽しんでいただけると思います。

これは寒い時期ならではのことですかねー。

 

企画展「えんぎもん

2018.11/14(水)~12.9(日)