丁寧になめされた革の特徴を最大限に生かし

余すことなく使い切るために、分解し再びつなぎ合わせた

「スクエアパーツ」シリーズ。

 

仕上げに数ヶ月かかる栃木レザーをつかった、そのシリーズでは

ポシェットやサコッシュなどが入荷しております。

 

ポシェットは、スマートフォンがすっぽり入るサイズ。

すぐ取り出したい物を入れておくなど

ポケットが少ない服装の時には、重宝しそうです。

 

サコッシュは、自転車や登山などの時などに使われる

薄くて軽いコンパクトなショルダーバッグのこと。

そんなわけで、ナイロン素材のものが多いのですが

革を使うことで一気に街歩き仕様。

お出掛けに必要なアイテムが入る、2サイズ展開。

裏地は帆布でしっかりと。

サコッシュには、開口部にフラップがついているので

中も見えないし、モノを落とすこともないですよね。

 

このスクエアパーツシリーズは

ひとつひとつ天然の革ならではの、色味・質感をいかした組み合わせ。

そのすべてが一点モノになります。

そして、使っていくうちに革にも帆布にも表情が出てくるはず。

経年変化も楽しんで使っていただけるショルダーです。

 

展示会「made in west fair -入れて持つもの展-」

期間:10月18日(水)〜11月12日(日)