今日は、「風景ビン教室」が開催されました。

テーマは、”冬”

この空のガラス瓶の中に

冬の風景を作り出していくのですが…。

どのフィギュアを使うかを悩み…

講師の ままんさんがベースを作ってくれている背景を

使うかどうかを悩み…

演出にかかせない小さなパーツを使うかどうかを悩み…

(これも、ままんさんの手作りです)

風景を作り出すハダカンボーの木で

どう冬を表現するのかを考え…

綿の雪を敷き詰めたら、一気にセッティング。

途中で足りないパーツがあれば

その場で作りましょう。

いろんな素材・道具が揃ってます。

ちょっと見ない間に、でけてる!

こっちにも違う風景が、でけてる!

 

雪景色の表現なのに、全然違う風景が誕生。

いつもですが、同じ感じになることもない。

作る人の季節感や遊び心が、

小さなガラス瓶の中でイキイキと表現される「風景ビン教室」

 

ご参加いただきましたみなさま

ありがとうございました。

講師のままんさん、おつかれさまでした。

 

なぜか、いつも

作成過程の画像が撮れずじまいなのですが

これだけのパーツや素材を自分で揃えて作るのは大変。

笑いながら楽しく参加いただける、この教室はきっとリーズナブル。

 

次回のテーマは「春」。四季シリーズの最終章。

来年2月中旬あたりの開催予定です。