オリンピックが始まりましたね。

今回は時差もあまりないので

リアルタイムでご覧になりたい方にはいいかもしれませんね。

 

前回大会のソチ五輪のとき。

まだ、小梅さん(うちのワンコです)がいてるときでしたが

昼夜逆転が起きていて、夜中でも

おしっこだの歩きたいだの鳴いての要求がはげしく、

ふんばりがきかないために、その都度起きてサポートする

梅さんの、いわゆる介護状態でした。

 

5〜10分ほどウツウツしては起こされる…みたいな感じだったので、

おしっこシートで排泄しない梅を、防寒着でモコモコにしながら

夜中、散歩に連れて行ったり

ソチの生中継を見ながら、家の中を歩かせたりしていました。

 

そんな中、印象に残っているのは男女フィギュアスケートの演技。

特に浅田真央さんのフリー演技は圧巻でした。

演技が始まろうとしたとき、鳴いて排泄を要求する梅に

「梅、これだけ一緒に見よう。梅が応援したら

 真央ちゃん、きっとうまくいくと思うわ。」と梅に話しかけ

膝の上に座らせて、一緒にテレビの前へ。

不思議なことに、その約5分ほど梅も大人しくて。

 

鳥肌もののフリー演技でした。

「梅の応援が届いたかもなー、すごいなー。

 大人しくしてくれてたねー。えらいねー。」

それから半月後、梅は旅立っていきました。

 

このところ、あのフリー演技のVTRを

ときどき目にすることがあります。

あれを見ると、そのとき確かに梅は まだいて

膝の上の重みと暖かさと、二人で応援したその5分を

昨日のことのように思い出して、

なんというか切なさで一杯になります。

今から思うと、宝物のような5分間。

 

そんなこともあって、あのフリー演技は

きっと一生忘れないと思います。

20年くらい前、梅と旅行に行った知多半島で流木拾いに夢中になっていたら

梅も流木を見つけて持ってきてくれました。1歳ごろの若い梅さんです。