ひゃーほいぃ。

そんな声が聞こえてきそうな大黒さまです。

そして、お茶目なまねき犬。

えんぎもの…ですな。

あやかりたい、すがりたい自営業の性。

 

この方々。

2月から密かに店内におりますが

気付かれる方は、ごくごくわずか。

結構、大きいのよ。

 

まねき犬は、はりこ。

大黒さまは垂水(たるみず)人形という土人形。

旅先より大阪へ連れてまいりました。

そんな大きいのを買うの?旅のしょっぱなに?

なんて目線を受けつつ。

だって、買いたいモノリストに入っていたからさ。

 

江戸は元禄時代からあったという垂水人形。

戦後には一旦途絶えてしまったそうな。

時代は平成へ。5名のメンバーで研究会が発足して復活。

しかし昨年、メンバーの最後の方が亡くなったそうなのです。

購入したところのものは、その最後の方が手がけたものっぽい。

復活後、引き続き製作されている方はおられるみたいですので

鹿児島大隅半島へ行かれた際は見つけてみてくださいませ。

 

いろいろあった中に、福助さんもおりまして

大きいし重さもあるから迷って二者択一して

大黒さまにしたわけですが、福助さんも連れて帰ればよかった…。

置いてみて、そう思いました。

「またおいで」って言われてるのかな。

 

そんなわけで、旅の話はまた後日。