今日開催したのは、墨クラフト「味あるヘタ文字」講座。

講師は、plus tenさんです。

 

なぜか受講者の方が教室に集まり始めたころから

すでに笑い声が聞こえてきたという

23番地.で開催するワークショップのなかでも、

よく声が聞こえてくる、plus tenさんの講座。

それぞれの筆の毛に何が使われているのか

線にどういった特色が出るのか

まずはレクチャーから始まり…。

で、いきなり書いてみます。

とまどいつつも書き始めたみなさんは

ほんとうにヘタ文字講座を受けに来られた方?

というくらい、とても上手。

とにかく書きまくります。どんどんどんどん。

部屋中に広がる墨の香りに包まれて。

口が止まることもありません。

ずっと笑い声が聞こえてます。

どれが一番いいかなぁ?と相談中。

にじみ具合などの味わいも感じながら。

書きあがった文字を台紙に貼るために

余分な部分を水でぬらしてちぎっていきます。

完成です!

個性あふれる書体は、それぞれ違うもの。

似ているモノすらないのです。

 

この完成したもの。2枚作っていただきましたが

1つはお持ち帰りいただき、もう1つは23番地.に。

しばらくのあいだ、店内にて展示いたしますー。

ぜひぜひ、ご覧くださいませ。

 

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

講師のplus tenさん、お疲れさまでした。

 

次回の墨クラフトの開催は、秋ごろを予定しております。

時期が来ましたら、またお知らせいたしますね。

 

 

只今募集中!

ビンの中の小さな世界

日 時:5/28(日)13:00〜16:00

定 員:6名(最低催行人数:4名)

持ち物:特になし

参加費:2000円(材料費込)

講 師:羊毛フェルト造形作家 ままん