さて、ご紹介も最後となります。

 

ままん(羊毛フェルト)

柿だの桃だのドングリだの…。

 

古代に食されていたであろう食材の数々。

てのひらに乗るくらいのサイズの果実たち。

アクリルフェルトで作られたスポンジでございます。

 

洗面所とかトイレの手水のとことか

置いててもスポンジ感がなく

でも、目についたときにシュッと磨ける

可愛らしさと実用性を兼ねているのです。

 

yago(ガラスアクセサリー)

バーナーワークで表現されたのは

古墳周りのことなど。

このピアスは、双円墳。

色味も古代色に合わせて。

台紙の後ろには、色の説明も。

 

「今日の古墳は双円墳やねん」「あ、ほんまや双円墳や」

このピアスなら通常のおしゃれ感覚で

マニアックな会話もお楽しみいただけます。

 

かじやす米酒店(お米)

さて。最後に…。

こちらもDMには掲載しておりませんでしたが

通常、店頭で販売している黒米。

かじやすさんにパッケージを企画展バージョンにしていただきました。

とっても雰囲気がでて

いい感じなので健康志向の方へのプレゼントにも。

 

ちなみに、千早赤阪村で作られています。

黒はポリフェノールの色。つまりはアンチエイジングにも^^

 

 

企画展「古代彩々 -kodaisaisai- 」

期間:5月24日(水)〜6月11日(日)