本日はワークショップ「ビンの中の小さな世界」の日。

講師は、フェルト造形作家ままんさん。

色とりどりの羊毛フェルトやドライの植物にモスなど

小さな世界を作り出す材料が並びました。

どんな世界が出来上がるのかは、

参加者さんの頭の中にのみ存在します。

ワイヤーに羊毛を巻き付けたり

ビンに固定したりとボンドの作業がかかせません。

だもんで、くず置き場はこんなことに。

 

ちょっとしたコツのレクチャーや

この形をリアルにするにはどうすればいいのか

笑い声も交じりながら黙々とビンの中に

ピンセットを使って、架空の森を作成していきます。

たとえば、出現したのは…

食虫植物の森…。食虫しょくぶ…

うーん、赤色が毒々し怪しさを醸し出す。

まさに架空の森。

ん?この人たちは…。

別の森の前で農作業。

 

とーっても小さいフィギュアも登場。

 

想像力豊かに森を作製された参加者さん

ありがとうございました。

そして、講師のままんさん

おつかれさまでした。

 

次回のままんさんのワークショップは、7/1(土)の予定。

架空の景色をビンに再現していきます。

とーっても小さいフィギュアも使っていきますよー。

詳細ができましたら、またお知らせいたします。