昔より、新潟の農家の方の

冬の農閑期に手仕事であった竹細工。

 

その技術を活かした竹のバッグは、 

新潟県山間部に生育する「孟宗竹」という竹を

1つ1つ細かく裂いていき、そして編み込んでいったもの。

 

全てが手作業のみで作り上げられることで

軽くて丈夫なカゴに仕上がっていきます。

牛ヌメ革を持ち手を使用し、

より持ちやすさを兼ね備えた仕様となります。

 

使い込んでいくうちに、表情が出てくるのも楽しいかも。

手ぬぐいと合わせたり、バッグアクセサリーなどで

季節感を出していくと季節問わず、使っていけそうですよね。

 

大きめのサイズのほうは、

ポイポイっとモノを入れることができるけど

底がしっかりしているので、トートのように

「どこに行った〜?」的な迷子状態にはならないかも。