plus tenさんより

カードシリーズの新しいものが届きました。

「七十二侯」シリーズです。

 

七十二(しちじゅうにこう)侯とは、

一年を72等分したもので、自然現象に着目し

季節の移ろいを言葉で表現したものです。

 

旧暦では季節は「立春」から始まります。

その一番はじめの候。

「東風凍を解く」

とうふうこおりをとく、と読みます。

暖かい春風がふいて、川や湖の氷が解けだすころ

そんな意味です。

時期でいうと、2/4〜8のころ。

 

立春の最後の侯は、2/14〜18のあいだ。

「魚氷に上がる」暖かくなって

湖の水が割れ、魚が跳ね上がるころ。

 

今回入荷しているのは、

この「立春」から「穀雨」までの春の季節のみ。

春らしい、きれいな桜色がベースのポストカードです。

 

明日の節分が終われば、次の日は立春。

暦の上では、春がやってきます。

さり気ないお部屋のインテリアに。