店内BGMのことなんですが

100曲ほどをシャッフルリピートで流しております。

 

んで、その中にレキシさんの「お犬様」があります。

これは、数年前に「古代」をテーマにした企画展をした時に

BGMとしてレキシさんの曲を流していたのですが

そのうちの一曲でして…。

 

だいたいお察しの通り

5代将軍綱吉が出した「生類憐みの令」の歌なんですが

はじめタイトルだけ見たとき、

ワンコを溺愛している人を若干揶揄する内容なのかなと思ってたんです。

 

ところが、どっこい。

めちゃめちゃワンコ愛にあふれている曲でして。

歌詞に

 

 そんな決まりがなくったって、僕はキミのこと大切にするから

 

とか

 

 今日も一緒に出かけよう、お犬様

 僕が君の歩幅に合わせて歩くから

 

なんてあるんです。

 

ワンコの歩幅に合わせて歩く…

これは絶対に大切に飼っていないとでてこないフレーズだと思うんですよ。

 

で、極め付けが

 

 キミが隣にいることが、ちょーうれしい

 やけにニヤけてしょうがない

 この幸せな瞬間を僕はいつまでも大切にするから

 

このフレーズ。

愛犬家なら、もしくは愛猫家でも心にしみるはず。

この曲を初めて店内で流したとき、

看板犬だった梅さんは、もういなかったので

ここで過ごした一瞬一瞬が本当に宝物だったなぁーと

ちょっと冷静な気持ちで聴けなかったです。

ほんと、そのとおりなんですよ。

どの瞬間の彼らも可愛くて仕方がないんですよー、家族にとっては。

 

どのタイミングでこの曲が流れるのかはわかりませんので

聞いてみたい方は、そっとリクエストしていただければ

BGM切り替えますので、お気軽にお申し出くださいませ。

 

「お犬様」

うちで流れている曲にしては珍しいタイプなのですが

その理由は、こんなところです。