そんなわけで、2日目。

 

満天の星を見て、翌日の天気に期待!

この日の予定は、一の谷・獅子ヶ鼻岩コースで室堂まで。

いよいよ登山の始まり。

薄曇り…。

ときおり、日も差すけど

基本、すっきりしない…。

 

が、進みます。

木道を気をつけて…。

滑ったけど。

荷物が重くて、ゆっくり尻もちついたけど。

骨折する方もおられるとかで

本当に気を付けた方がいい木道。

弥陀ヶ原湿原は、餓鬼田だらけ(池塘ね)

餓鬼の稲、植わってるよー。

食べられるなよー。

リンドウも可憐に。

ブルーベリーみたいなのも、たくさん。

 

しばらくは平たんな湿原を歩いてましたが

途端に、けもの道っぽく。

昨日の雨で水たまりやら、濡れた足場やら

急な細い下りやらで、なかなか気が抜けない。

上級者コースと言われたのがわかります。

 

このコースの最大の山場は

この獅子ヶ鼻岩の鎖場。

めっちゃ急やし、濡れてるし。

水流れてるし。

狭いし、終わったと思ったら

つづれ折りなんで、また鎖あるし…。

手袋もびっちょびちょ。

でも、個人的には

この鎖場よりも、手前あった

川沿いの細い岩道のほうが余裕がなかったのです。

(この鎖場の下は、川。流れもきついよー)

 

あー、ふらついたら終わりやな…

と思いつつ、足の置き場やつかめる場所を見ながら

進んでいたので、写真なんて無理。

雨上がりという条件も良くなかったと思うけど

この鎖場を越えるまでは

なかなかスリリングなコースでした。

まったく写真がないので、わからないと思いますが。

 

でも、ここを越えると…。

だだっ広い湿原。

矢印の上の方の白い建物が出発点の宿泊先。

 

平らに見えるけど、一旦谷へ下がって

先ほどの鎖を上がってきてるのよー。

矢印の先っぽのところが、その上がって下がってのとこ。

しんどかったよー。

 

ここから先は、少し急坂もあるけれど

危険を感じるところはなく。

途中の目印、天狗平荘に到着。

ココから弥陀ヶ原へは下りが多いので2時間半。

でも…あれ。下りのほうが怖い、絶対。

気持ちのいいトレッキングルートを

どんどん歩いていきます。

 

ただひたすら。

なーんにも考えない。

 

この丘を越えたら、室堂。

お昼頃、到着ー。

イワイチョウの紅葉が早くも始まっていました。

朝から4時間近く歩いているのに

室堂でも、ナチュラリストの2時間の自然観測ツアーに参加。

 

ツアーが始まるまで

室堂ターミナルのお店を物色したり

山頂郵便局からハガキを送ってみたり

雷鳥に願いを託してみたり。

 

ツアーが始まると、青空がー!

きれいだー。

室堂では2か所でしか咲かない

ミネウスユキソウ。

エーデルワイスの仲間です。

雨でびしょぬれのチングルマ。

 

もし、立山に行かれて

時間があるようでしたら、

予約なし無料なので、ぜひ

ナチュラリストさんの自然観測ツアーに参加してみてください。

おすすめ。

 

さて。室堂を満喫したところで

ここから約15分ほど歩いて、今晩の宿へ。

翌日は、いよいよ本格的な登山。

縦走が始まります。