中秋の名月

こんなにおいしそうなのに…。

このお団子が食べられないなんて…。

 

うちから、たぶん30歩くらいでいける陶工房 飛鳥さん。

こちらの店先にある、

ばったり床几に飾られていたのは、お月見のしつらい。

そんなわけで、このおだんごは陶製。

いつも洒落たディスプレイの飛鳥さん。さすがです。

 

今、飛鳥さんでは、飯碗がずら〜り。

小さいのから大きいのまで。秋の飯碗祭りのよう。

寒い地域は田植も早いので、刈込も終わっているところがありますねぇ。

新米の便りが、もう少ししたら届くでしょうか。

新しい飯碗でよりおいしくご飯を食してくださいまし。

 

ちなみに、当店で扱っている

千早赤阪村産の黒米ですが、再入荷しておりますので

コチラも共に、よろしくどうぞ〜。

 

 

企画展「おしりとしっぽ

期間:9月21日(木)〜10月15日(日)

 

「おしりとしっぽ」その6

たあつこ=かおり

 

いやぁ。今回唯一でしょう。ひとのおしり。

これがまた、なんとも味のあるというか

たあつこさんしか表現できないラインというか。

 

高野紙を使った張り子のぽってりとしたライン。

銭湯の一コマを描いたイラストのライン。

これを見ていると、ふくよかなるはやさしさかな

なんて思ったりもして、世の中太ってないのにダイエットしないとと

しゃかりきになっている人に「別にいいやん」と呟いてみたくなります。

 

 

企画展「おしりとしっぽ

期間:9月21日(木)〜10月15日(日) 

 

 

9月の新入荷

大地のかりんとう

全粒粉のかりんとう「大地のかりんとう」は、黒糖・塩・天空の古来茶の3種類。

素朴な味わい深いかりんとうです。

製造量の都合でなかなか入荷が難しく、

3月以来ですが、本日入荷いたしました。

次回入荷は未定。

お問い合わせいただくことも多い「大地のかりんとう」

出会ったときに、ぜひご賞味くださいませ。

 

 

スタッキングマグ

P9143377.jpg

うちではあんまり入荷しない

プラスティックのマグ。スタッキングもできます。

 

スモーキーな色味がカッコイイ。

アウトドアで使ってもらったらいいかな、なんて思うのですが。

 

そういえば、先日行った醒ヶ井では湧き水なのかな…

ところどころに「飲めます」と、飲水所があったのですが

そんなところや岩清水など、このマグをサッととりだして飲む…

なんて旅のお供にするのも、いかがでしょう?

 

 

秋の装いに…

P9143374.jpg

秋っぽい、こっくりとしたアクセサリーが

空想刺繍店さんから届きました。

ビーズがぎっしりと刺繍されたイヤリングとピアス。

 

そして、鈴蘭という可愛いタイトルのイヤリングとピアスも。

スタンプワークという立体的な刺繍があるのですが

それによく用いられる技法で、表現された鈴蘭。

細く小さいだけに、糸始末のことなど考えたら…肩が凝りそう(*´Д`)

 

どちらも、どんな服装にも合うのでは?なんて思いますが。

これからの行楽シーズンに合わせて

新しいアクサセリーで、お出かけしてみませんか?

 

お待たせの再入荷

P5252354.jpg

しばらく欠品しておりました黒米が再入荷いたしました。

大阪で唯一の村、千早赤阪村で作られたものです。

 

白米と一緒に炊くと、お赤飯のようにも。

これは、ポリフェノールを含んでいるから。

アンチエイジングに良いとされる成分ですな。

 

夏の疲れが出てくるこの季節。

栄養価の高い黒米を取り入れてみられては?

 

 

ピッてするやつ

P9013368.jpg

日本製の牛革パスケースが

色とりどりに入っています。

 

このところ、めっきり電車に乗る機会が減っているので

たまに改札を通ろうとすると

ICカード限定みたいな改札もあって

「おぅおぅ」と、ちょっぴしうろたえたりします。

見ると、みなさんスマートにピッピッって通ってはる。

  

発券機もちょっと見ない間に、なかなか複雑になってて

どこ見てえぇんやら、ちょっとワラワラするけど

「別に戸惑ってないから…」みたいな空気を背中から出してみる…。

 

さて、話は戻り。

シンプルな作りではありますが、

ピッピッのカードをお持ちの方、またはプレゼントにいかがでしょう?

 

素朴のかたまり

P9013365.jpg

ひさしく欠品しておりました

カラデラカディのタオルが入荷しました。

 

カディとは、手紡ぎ手織りのインドの布のこと。

カラデラ村で作らているから、カラデラカディ。

 

この村では、主に男性が織りを

糸つむぎを女性が担当しているのだそうな。

ざっくりとした風合いは、なんとも素朴。

使っていくうちに、やわらかくなじんできます。

この布を目にするだけで、なんとなく癒し効果。

手仕事モノの見えない力を感じます。

 

カディはインドでは一時、すたれていたのですが

それを復活させたのは、かのガンジー。

収入源となるものは、その土地の人たちで得られる方法を…。

そういう考えは、いつの時代にも基本なのかもしれませんねぇ。

風景ビン教室「秋」でしたー

小さいモノ作ってました。

「風景ビン教室 秋」のワークショップ。

見えにくいと思いますが、卵ふりかけのようなものは

講師のままんさんが作った落ち葉。

左にはログハウス風の小屋とか…。

オリジナルのミニチュアアイテムも用意されています。

 

どのフィギュアを使うか…ここが思案ドコロ。

みなさんの時間をかけるところです。

「なにやってるのー?」

「これ、作ってるやでぇ」 

お店に来てくれた わんこが

ワークショップの部屋を覗くのは

もはや23番地.あるあるな光景。

そんな中、気がつけば

ドンドンみなさん作り進めておられます。

小さな小さなアイテムをピンセットでつまんではセット。

「思ってたよりも難しい〜」と

頭に思い描いた風景をビンの中に閉じ込めていきます。

こちらは、たわわに実ったみかん。

メルヘンな世界。

こちらは、牧歌的な風景かと思いきや

後ろではチェーンソーを持った人物が…。

 

も少しいろいろなシーンを撮りたかったのですが

なんだかバタバタとしていて

いい画像が撮れず…。今度こそは。

 

ご参加いただきました みなさま。

ありがとうございました。

講師のままんさん、お疲れさまでした。

 

次回、「風景ビン教室 冬」は

11月25日(土)13時より開催です。

詳細は、また後ほどご紹介いたしますね。

 

「おしりとしっぽ」その5

itoto

 

たぶん。店内に入ったら一番初めに目につくかも。

itotoさんの毛糸のパンツ。

 

これ。よく「わんこ用かな? えっ、人用?」

という会話が繰り広げられます。

ちなみに1〜2歳児用で、しっぽも取り外し可能。

ネコちゃんのパンツ(この表現でいいのか?)は

しっぽも自由に動かせるスグレモノ。

いつもながら、細かなところまですごいのです。

 

企画展「おしりとしっぽ

期間:9月21日(木)〜10月15日(日) 

 

*明日は「風景ビン教室」の日です。

お申込みいただいた方は、時間までに当店までお願いいたします。

お気をつけてお越しくださいませ。

「おしりとしっぽ」その4と似顔絵

少し肌寒い空気。

今週で9月も終わりです。

企画展「おしりとしっぽ」も1週間が経ちました。

さて。参加者さんのご紹介を再開しましょう。

 

藤井製作所

 

とんぼ玉で表現された動物たちの後姿。

もちろん、おしりとしっぽがメインでございます。

いろんな色味で表現されているのですが

この画像のものは、一目瞭然、ねこさんですな。

 

一見するとわからないのですが、このコたちの胴体には秘密が…。

実は穴が開いていてコットンを入れられるようになってます。

アロマオイルをしみこませたら、香りも装えます。

ちなみにピンセットで簡単にコットンは交換できるのです。

 

 

ところで。

本日は、「世界で一枚の似顔絵を」開催日でした。

写真を見ながら、今日も一色さんは描きます。

この使い込まれたパステルの入れ物が

なんともいい味わい。

この似顔絵企画も次回で最終回。

10/12(木)11:00~13:00の開催です。

今日もおられましたが、プレゼントにもいいのですよ。

 

ご都合合いましたら、ぜひに。

 

 

企画展「おしりとしっぽ

期間:9月21日(木)〜10月15日(日) 

 

 

新しい地図

えー、双羊舎として製作している「富田林寺内町周辺マップ」

 

5月より、第3版の作成に取り組んでおりました。

今年も、ご協賛店のみなさまのおかげで

新しい地図が出来上がりました。

 

この月・火の両日は、

寺内町のゲストハウス泊やさんにも協力いただき

ご協賛店をはじめ、配布してきました。

新規オープンのお店も載っていますし

富田林の広域地図に、寺内町以外のご協賛のお店も載っていますので

ぜひぜひ、ご来訪の際には ご参考になさってください。

 

それにしても、この2日間。30℃近くの真夏日。

3人で手分けしても

朝から晩まで、仕分けして歩き回り走り回り。

やっぱり紙って重い。寺内町って何気に高低差があるので

カートを引き上げながら歩いてると、3分もすると息が切れる…。

暑さと重さで、さすがに2日目の夕方にはクタクタでした。

多少のことでは筋肉痛にならんのに、地図配布で筋肉痛…。

筋トレに地図配布、いかがですか?

 

話は脱線しましたが、地図は主に

協賛店ならびに、じないまち交流館で入手できます。

双羊舎ウェブサイトも10月より、

新協賛店のより詳細情報が載っている情報に切り替わりますので

そちらのほうも合わせて、ご参考いただければと思います。

 

 

※明日は、「世界で一枚の似顔絵を」開催日です。

 当日はお電話か店頭になりますが、

 お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

「おしりとしっぽ」その2・3

ほのかに金木犀の香りが漂う、寺内町。

いつもまにやらセミの鳴き声もなくなり

なんだかんだ言っても

花は咲くべき時に咲き、虫は現れるときに現れるのですな。

 

本日も企画展「おしりとしっぽ」への参加者さん、

ご紹介をさっそく始めていきましょう。

 

初めてのご参加の方です…。

guffaw

 

クッションを制作しているユニットのguffawさん。

おしりとしっぽなんて、きっと初めて作るジャンルだったでしょう…。

 

例えば、このクッション。

うさぎの耳がついてます。

しっぽは…後ろのファスナーに!

大人っぽい可愛らしさでインテリアを演出です。

 

丁寧な作りとこだわりを感じられるディテール。

毎日のスペースにキモチが豊かになるものを。

 

 

 

菓子屋ici

 

お馴染みのiciさんですが…。

企画展向けのアイシングクッキーが入荷しました。

うー。うまく撮れないのですわ。

 

iciさんの中では、”しっぽ”と言えば うさぎなのだそうな。

相変わらず丁寧にアイシングされたクッキーです。

もちろん、お味も間違いはありません。

 

*同時に入荷した通常の焼菓子と、久々のあんずジャム。

 ですがー。焼菓子は残りわずか。あんずジャムは早々に完売してしまいました。

 

 

企画展「おしりとしっぽ

期間:9月21日(木)〜10月15日(日) 

「おしりとしっぽ」特別篇1

今日は企画展の中の特別企画としている

世界に一枚の似顔絵を」の開催日。

3回ある中の、唯一の週末で丸一日の設定。

 

結局、はじめから終わりまで

パステルを離すことなく一日中描かれていた一色さん。

お申込みいただきましたみなさま、ありがとうございました。

完成した絵を見つめる表情は、どの方も笑顔。

これ、実際に描いてもらうとわかりますが

体の中からじんわりと「嬉しい!」という気持ちが湧いてくるのですよ。

 

ちょうどパピヨンちゃんの製作途中

お写真を撮らせていただきました。

今、少し離れて暮らされいるという依頼者の方。

きっと、この絵が毎日 力をくれると思いますよ。

写真から抜け出てきたような、そんな表情。

やさしそうなコです。

 

こんな風にして、写真からでもOKなので

ご検討の方は、次回以降でぜひ。

あ、人ももちろんOKでございます。

 

この特別企画は、ご予約優先ですが状況によっては

その場でお申込みも可能な場合もございます。

所要時間は、1ショット45分ほど。

ショット数により多少変動いたしますので、お申し込みの際に、ご確認くださいませ。

 

ちなみにお値段は下記の通りです。

〈価格〉 

1ショット B5サイズ:1800円

2ショット B4サイズ:3500円

3ショット B4サイズ:4500円 

※各サイズの特製フレームボード付です。

一色さんのオリジナルで、コーナー部分は革でかっこいい。

 

次回以降の開催日は下記の通りです。 

 9月28日(木)  11:00〜13:00

 10月12日(木)  11:00〜13:00

特別企画展開催中のご来店が難しい場合は、お気軽にご相談くださいませ。

 

企画展・特別企画ともに

くわしくは ↓

企画展「おしりとしっぽ

期間:9月21日(木)〜10月15日(日) 

 

「おしりとしっぽ」その1

さて。

企画展「おしりとしっぽ」への参加者さん、

ご紹介をさっそく始めていきましょう。

 

初めてのご参加の方から、では…。

「むっくの部屋」

 

23番地.初の木彫りの作り手さんです。

わんこやにゃんこだけでなく

どの動物にも愛情が感じられるブローチ。

 

それぞれに性格が感じられるような、そんな。

ニヒルなところもあって、それが可愛らしさに

深い味わいを加えているのでは…と思うんであります。

 

大作もあるので、ぜひご覧になってくださいませ。

 

 

※明日は、「世界で一枚の似顔絵を」開催日です。

 お昼以降なら対応できそうですので

 当日はお電話か店頭になりますが、

 お気軽にお問い合わせくださいませ。