新潟のそら豆

こちらは、生姜豆。

 

そら豆に生姜パウダーをまぶした一品。

えーとですね、冷やし飴の原液の中に

ぽっちょんとパリパリのそら豆をつけた感じです。


しっかりと生姜が効いているので

生姜の風味がお好きな方に〜。

ぽりぽりと食べていただけるので
おやつに、おつまみに、小腹がすいたときに。

 

ジップ付きだから持ち運びにもオススメです!

 

TURTLES&RABBITS 亀とうさぎの長パン短パン

 2019.5.22(水)〜6.23(日)

かめうさの短パン

以前ご紹介した長パンにかわって、こちらは短パン。

横縞を得意とする工房が

生地を手掛けた、やっぱり亀田縞。

 

サイズ展開としては、1サイズです。

夏に向けて、ぴったしなアイテムでもあります。

夏を過ぎると、レギンスと合わせてもいいかも。

 

布の特長は、長パンでご紹介した通り。

 

ちなみに…。

今回、同じ場所に試着室もご用意しておりますので

お気軽に試してみてくださいね。

 

展示会

TURTLES&RABBITS 亀とうさぎの長パン短パン

 2019.5.22(水)〜6.23(日)

 

可愛いコに

神戸のhome made blue.さんより

わんこのリードとカラーが届きました。

 

シュッとしているのだけど

ポップさもあって、このあたりのセンスが

さすがhome made blue.さん。

 

このリードとカラーは、S〜Lサイズの展開です。

だいたい3〜10圓らいまでのコが対象かなぁと思いますが

そのコの引っ張り癖などもあるので

ぜひぜひ店頭でお手に取って確かめてくださいね。

 

好評につき、完売となっていました

ネコちゃん用の鈴付きカラーも入荷しています。

引っ張るとバックルが外れるタイプのものです。

明るいビタミンカラーなので

どの毛色のコにも似合いそう。

新潟の雪だるま

新潟は、米どころ。

 

そのおいしい新潟の

もち米とうるち米を使った、即席の白玉もちです。

1本ずつビニールに包まれているので

使いきれるのが嬉しいところでございます。

 

切って茹でるだけの簡単おいしい白玉もち。

 

きなこをかけてみます?

あ、黒蜜派?

 

それとも、かき氷にのっけてみます?

バニラアイスに添えてみるのもいいかも。

 

お味噌汁に投入するのも、ありですなー。

 

いろいろと想像が膨らむ、雪だるま。

なんとも素朴なパッケージも、おくゆかすぃ。

 

 

TURTLES&RABBITS 亀とうさぎの長パン短パン

 2019.5.22(水)〜6.23(日)

このコの表情

うちのポチ袋コーナーなどでは、すでにおなじみ

和紙田大學シリーズですが

やっぱり、わろてしまうポストカードが入荷しています。

 

綱吉くんと犬の最強コンビ。

わんこ飼ってる人ならわかる

「まだお散歩するー。帰るのいやー。」の

だだこね踏ん張りのポーズとかね。

 

個人的に胸キュンなのは

手前の白いやつ。

綱吉くんは左手でフレミングの法則の手付き。

その様子をみつめるワンコ。

このコの表情ですわ。

この二人の間に流れる信頼関係が成立している表情なんですわ。

 

この見えない空気感が

だぁー、たまらん。

 

ちなみに、このポストカード。

とってもしっかりとした和紙に活版印刷されていて

作り方はとってもまじめなのであります。

 

 

新潟の浮き星

この、金平糖のような

愛らしいお菓子は、浮き星。

 

もともとは、新潟に古くから伝わる「ゆか里」というお菓子。

金平糖のように見えるけど、芯はあられ。

 

味もいろいろあって

画像のものは、いちごとミルク。

 

そのほかにも、珈琲とミルクとか

抹茶と柚とシュガーとか

ミントとシュガーとか…

10フレーバーほど並んでおります。

 

お湯を注ぐと、まわりのポコポコ部分が溶けて

ぷかぷかと浮いてきます。

ほんのり甘くなったところで、飲んでいただくと。

今からの季節なら、水や炭酸水でもいいですし

トッピングとして、ヨーグルトやアイスに掛けてもかわゆし。

 

じっくりと少量ずつ、9時間をかけて

あられに砂糖蜜をまぶし作られる「浮き星」

 

パッケージも可愛いので、ちょっとしたプレゼントにも。

 

 

 

展示会

TURTLES&RABBITS 亀とうさぎの長パン短パン

 2019.5.22(水)〜6.23(日)

 

新潟の遊ぶTシャツ

伝統的な亀田縞も手掛けてつつ

ちょっとクスリと笑ってしまいそうなTシャツもある

新潟のhickory03travelersさん。

 

このTシャツのばあい…

人文字ならぬ鳥文字でございます。

 

朱鷺が「トキ」と表現しております。

背中側のネック部分にも、ワンポイントで朱鷺。

さすが新潟。

 

あと、なんでこれがモチーフに…というデザインのものもあったり

シュールな問いかけがあったりしますが

パッと見は、それがデザインに見えるから楽しい。

 

全てのパターンに…というわけではないのですが

S〜XLサイズの展開となっていますので

お好みのシルエットで日常を楽しんでいただければと思います。

 

もう夏か…と思わせるようなこの気温と空気。

人とかぶらないTシャツがほしいなーという方も是非に〜。

 

展示会

TURTLES&RABBITS 亀とうさぎの長パン短パン

 2019.5.22(水)〜6.23(日)

 

 

暑い-静か-店番

5月も下旬とはいえ、まだ5月。

ここ最近で、めっきり夏っぽく。

影も、この濃ゆさ。

 

週末にかけて暑さも続くようですが

まだジメジメと、まとわりつくような

暑さでないのが救いでしょうか。

店内も西日が入るとあれですが

そうでなければ、風が通ると心地よい感じです。

 

急に暑くなったり寒くなったりすると

とたんに静かになる寺内町なので

今日は、新入りの店番さんが出勤日。

「誰か来るか見てきて〜」とお願いしたら

一応、こんな感じで表をチェックしてくれたりします。

いっとき、接客でウロウロとしてたり

このコの話を伝えていた久しぶり〜の方が

来られて側にいてたりしてましたが

基本は、のーんびり眠っておりました。

 

この静かさとのんびりさ

いいのか悪いのか…。

 

 

展示会

TURTLES&RABBITS 亀とうさぎの長パン短パン

 2019.5.22(水)〜6.23(日)

 

 

かめうさの長パン

今回の展示。

やはり、これからご紹介いたしましょう。

 

信濃川と阿賀野川に囲まれた亀田郷の農民が

水と泥に強い綿織物を求め、作り上げたのが亀田縞。

その歴史は、戦争とともに一度は途絶えました。

 

それから時は経ち、2002年に復活を果たしたのです。

その丈夫で優れた生地を使ったのが

亀とうさぎの長パンと短パン。

 

まずは、長パン。

無地と縦縞の生地を使って

いわゆる、モンペ風なパンツに仕立てられています。

おしり周りはゆったりしていても

足先に向けて、シュッとしているので

いろんなタイプのトップスとも合わせやすいかも。

画像ではわかりにくいかもしれませんが

縦縞の長パンをはくと、こんな風。

 

サイズも、S〜Lサイズの3タイプ。

男女兼用で着ていただけます。

 

なにより、軽い〜。

生地に厚さもないので、

これから暑くなっていく季節には、ぴったり。

 

汗をかいても汚れても

生地は丈夫で、乾きも早いので

梅雨時期でも、お洗濯もガンガンできますし。

 

 

展示会

TURTLES&RABBITS 亀とうさぎの長パン短パン

 2019.5.22(水)〜6.23(日)

 

 

 

 

今日から「かめうさ」

もしかしたら、今までの展示で

一番すっきりと見やすいものになってかもしれません。

 

今日から始まったのは

TURTLES&RABBITS 亀とうさぎの長パン短パン

 

伝統織物、亀田縞で作られた長パンと短パン。

それに合いそうな、おもしろTシャツ。

 

そして、新潟のかわいい伝統菓子やたべもの。

 

シンプルな展示ですが

素朴に良さが伝わるのではないかと思います。

 

今回の展示は

1か月間のゆっくりペース。

寺内町にお越しの際は、お立ち寄りいただければと思います。

 

 

展示会

TURTLES&RABBITS 亀とうさぎの長パン短パン

 2019.5.22(水)〜6.23(日)