戌年だもの その2

itoto(糸モノ)

 

寒くなってきましたからね…。

とくに、小型犬は寒がりサンが多いので

ちょっとおしゃれして、一緒にお出かけしたい時

こんなかわいい服はいかがでしょう?

 

アラン模様のトラッドな編込みの身頃に

人気のファーがプラスされた

トレンドをとらえたワンコ服。

少し小さめなので、2堊宛紊離錺鵐海

4堊宛紊阿蕕い離錺鵐蓋けかなー。

 

キュートなスヌードもあったりするのです。

 

企画展「-だって来年は- 戌年だもの

期間:11月15日(水)〜12月10日(日)

 

 

戌年だもの その1

企画展「戌年だもの」に

ご参加いただいている作り手の方を

お一人ずつ、ご紹介していきますね…。

 

まず、トップバッターは

一色亜貴子(油絵)

 

これまでは、パステルの似顔絵で特別参加していただいていた一色さん。

今回は、画家として油絵のほか

鉛筆デッサンの作品も加えてくださいました。

 

8H〜10Bという濃さの鉛筆を使用している鉛筆画。

「今回の展示で鉛筆の面白さを知って、どんどん描いてしまった…」

という思いで描かれてた絵は

白と黒の濃淡のみで表されているにもかかわらず

ワンコ達の息遣いまで聞こえてきそうな、そんな。

 

パステルとは違う、一色さんの絵の数々。

ぜひとも、この機会にご覧くださいませ。

 

企画展「-だって来年は- 戌年だもの

期間:11月15日(水)〜12月10日(日)

 

 

今日から…だもの

今日から始まりました、企画展「戌年だもの」

 

前回の展示会とは

またガラリと変わった店内。

年末らしいというか、テーマが”戌年”なので

干支ものなどが並びます。

もちろん、ワンコをあしらったアイテムも。

 

作り手さんそれぞれの作品は

また追って、ご紹介していきたいと思います。

あぁ、それにしても今まで

これだけ、わんこモノが集まったことはあるでしょうか。

まみれております。

 

まみれておりますが…

だって来年は戌年だもの。

 

企画展「-だって来年は- 戌年だもの

期間:11月15日(水)〜12月10日(日)

 

入れ終わり…だもの

展示会「made in west -入れて持つもの展-」

先月中旬から開催しておりましたが

本日で、終了いたしました。

足をお運びいただきましたみなさま

お買い上げくださいましたみなさま

ありがとうございました。

 

いつもの23番地.とは

ひと味もふた味も違った空間となり

ご来店くださった方々の目にも興味深く

映っていたような気がします。

 

期間中、ほとんどが雨で

しかも台風が2回も来るという異例の状況ではありましたが

少しでも関西のモノづくりに関心を寄せて頂けていたなら幸いです。

 

さて…。

そんな関西生まれの製品が並んでいた場所に

新たに並ぶのは、ワンコわんこワンコ。

いうのも気ぜわしいですが、来年は「戌年」。

11名の作り手さんによる わんこモノ。

 

「いぬ」というお題に、作り手さんたちが

どうアプローチされているかは、週明けのお楽しみ。

とっても楽しいですよー。

 

企画展「-だって来年は- 戌年だもの

期間:11月15日(水)〜12月10日(日)

入れて持つ その9

さて。最後のご紹介となりました。

再び、革モノへ戻ります。

キーキャップとカラビナの組み合わせ。

 

鍵のあたまに、レザーキャップをつけるだけで このカッコよさ。

そして、同色のレザーチューブが施されたカラビナ。

シンプルなんだけど、その潔さがカッコいい。

 

片手で開閉できるので

ベルトループやバックの持ち手などに簡単に脱着できます。

ベジタブルタンニンレザーを使用したキーキャップは、

鍵の形の"エイジング"を楽しむおまけ付き。

まさに毎日使うものだから

1年経ったころには、いい味になっているはず。

 

すでに完売になっているお色もありますが

プレゼントにもいいのではないかと。

ちょっと早いですけど、クリスマスなんかにいかがです?

 

いよいよ明日が最終日となります。

展示会「made in west fair -入れて持つもの展-」

期間:10月18日(水)〜11月12日(日)

 

 

企画展「-だって来年は- 戌年だもの

期間:11月15日(水)〜12月10日(日)

入れて持つ その8

パン柄のトートバッグ。パントート。

関西に実在するパン屋さんのパンの写真をプリントしています。

布にインクを直接吹き付ける染色手法ですが

生地の柔らかさはそのままに、写真の細かな表情を再現する技術は

松尾捺染(株)さんの得意とするものです。

 

このトート。単にプリントしただけではありません。

底にマチを入れているので、焼きたてのパンも へしゃげない。

食パンも1斤丸ごと入ります。

 

幅がやや太めの持ち手は肩掛けにしても安定感があります。

そんなわけで、もちろんパン以外のお買い物にも。

 

大阪・神戸・京都。

三都から1軒ずつ選ばれたパン屋さんごと3種類のトート。

好きなパン屋さんで選ぶも楽し。

写真の好みで選ぶも楽し。

 

パンが両面違って印刷されているので

その時の服装に合わせて

どちらを見せるか考えるのも楽しいですね。

 

当店でお求めになられて、早速使われる場合は

入れるパンは、お隣のmame-ten-cafeさんでどうぞ〜。

 

展示会「made in west fair -入れて持つもの展-」

期間:10月18日(水)〜11月12日(日)

 

企画展「-だって来年は- 戌年だもの

期間:11月15日(水)〜12月10日(日)

入れて持つ その7

靴下のご紹介、続きます。

 

オーガニックコットンのスラブ糸で

ざくっと編みあげている、リブソックス。

 

ほどよい伸縮性で、ボリューム感もほどほどで

足元を、ふんわりとしたフィット感で包みます。

淡いグレーにカーキ、画像ではわかりにくいのですが

落ち着いたパープル…と、控えめな主張のアースカラー。

意外に悩みやすい靴下のコーディネートですが

この色みなら、さりげないアクセントに。

 

25〜27僂離汽ぅ催験もある、この靴下。

早速リピーターさんも登場しています。

 

そして。

こちらは、メリノウールと

リサイクルコットンを5:5で混紡した糸を使用。

すべっとした肌触りは、

繊維が細くやわらかなメリノさんのなせる業。

 

メリノウールは、チクチク感も少なく

調湿・保温性に優れているので

登山などのアウトドアインナーにも使用される優等生天然繊維なのです。

 

この優れた性能を損なわないよう開発された

環境に優しい、オリジナルのオゾン防縮加工がされているので

縮みを気にせず、お洗濯も気軽にできてしまいます。

この靴下は、生成だけ25〜27僂展開されています。

 

タイプの違う、リブ靴下のご紹介でしたー。

 

 

展示会「made in west fair -入れて持つもの展-」

期間:10月18日(水)〜11月12日(日)

 

企画展「-だって来年は- 戌年だもの

期間:11月15日(水)〜12月10日(日)

 

入れて持つ その6

入れて持ちませんが…。

入れて…というつながりで

今回の展示会では、靴下もたくさん並んでいます。

 

これは、ヤクの毛とオーガニックコットンを使ったもの。

少しだけ長めの靴下と、ウォーマー。

 

ヤクはヒマラヤなどに生息しているウシ科の動物で

その毛はカシミヤと同じくらいのクオリティと言われております。

すべっとしていて、ウールのようなチクチク感もなく…。

 

画像のものは薄手のものですが

実は、冷房の効いた夏場でもムレることなく履けたりします。

なんで年中使えるんですね。

 

ウォーマーは、少し細みなので

足はもちろん、腕にも。

少し肌寒いけど、重ね着するほどでも…という今の季節。

腕にすると、おしゃれなニットを重ね着しているのかな…

みたいな印象になりますです。

 

ヤクウールのものは以前より当店でも扱っておりますが

今回の展示のものは、また違うスタイルものですので

ご覧になってくださいね。

 

 

展示会「made in west fair -入れて持つもの展-」

期間:10月18日(水)〜11月12日(日)

 

入れて持つ その5

展示会「made in west-入れて持つもの展-」

ご紹介が続きます。

 

前回のご紹介の「スクエアパーツ」シリーズ。

カッコよいポーチもあるのです。

これはもう、使い込んで

クタクタになっても、きっとカッコよさに磨きがかかる…。

 

パッチになっているので

使い込んでいくと、柔らかくなり

入れている内容物に対応していくでしょうねぇ…。

男性女性関わらず、使っていただけます。

「スクエアパーツ」シリーズには

こんなカードケースもあるのです。

 

L字ファスナーで 出し入れがしやすく、

中にはループ状の仕切りがあるので整理もしやすいですね。

名刺やカード以外にも小銭やお札(2つ折り)なども収納できるので

コンパクトなお財布代わりにも。

 

実際に、今のところ

小さなお財布代わりにしたいわ〜との声が優勢。

こちらもぜひとも、使い込んでいただきたイッピンです。

 

展示会「made in west fair -入れて持つもの展-」

期間:10月18日(水)〜11月12日(日)

 

味あるヘタ文字講座

本日は、

墨クラフト「味あるヘタ文字講座」が

ワークショップの部屋で行われました。

 

年末に近いということもあり

来年の干支「戌」をメインとした筆文字講座。

まずは、進めていき方のレクチャーを受けてから

さっそく筆を動かしていきます。

線を描く方。丸を描く方。

もうすでに、それぞれの個性が爆発です。

真剣に取り組まれつつも

笑い声や話し声が絶えないのが、この講座。

一番大きな笑い声が

講師のplus tenさんだというのは、ここだけの話。

慣れてきたら、いろんなタイプの筆や刷毛を使って

さらにさまざまなパターンを描いていきます。

力の入れ具合、水分含有量によって

同じ筆でも印象が異なる結果となります。

土台となるパターンができたら

バランスを見ながら、いよいよ文字を入れていきます。

お手本を参考にしながら…。

墨の作業が終わったら、

ハガキ大の台紙に貼る作業へと移ります。

で、それを

これまた味のある板に貼り付けて…完成!

 

ヘタ文字の方が、どこに??

みなさん本当に素敵な作品を仕上げられました。

 

この後、撮影会となり…

お茶の時間でも、お話が続き…

みなさん、しゃべりすぎて声涸れてませんか?

 

ご参加いただきましたみなさま

ありがとうございました。

講師のplus tenさん、お疲れさまでした。

 

なお、今回ご参加のみなさまに

それぞれ何枚か作っていただきましたので

そのうちの1枚ずつを23番地.店内にて

しばらくのあいだ、展示いたしますー。

ぜひぜひ、ご覧くださいませ。