クシゲマチカタログ2p

こんな晴れ間もあったのに

急に雨も降ってきたり

でも止んで、涼しい風が吹いてきたりと

少し台風の影響でしょうかねえ。

 

「クシゲマチのカタログ展」の2日目。

こんなお天気でしたが

今日も朝から、お知り合いの方々が

足を運んでくださっていました。

ありがとうございました。

 

今日は、セメントのプランターも

大きいものや、多肉植物が植わっているものも

追加で入荷してきました。

 

さて。

トリ系の彫刻が多いのですが

来られる方が口をそろえて

印象に残るわ〜とおっしゃるのが

「アマゾン育ちのニワトリ」

 

目力半端ない。

 

「風船金魚」

さり気ない存在感は、こちらも負けておりません。

 

期間は、明日までの

「クシゲマチのカタログ展」

3連休の最終日に

お立ち寄り頂ければと思います。

 

 

クシゲマチのカタログ展

 9月21(土)〜23(月/祝)  最終日は16時までの展示となります

 

 

クシゲマチカタログ1p

「クシゲマチのカタログ展」始まりました。

猫サラリーマン部長が入口で、ドンとお出迎え。

ワンコだって気になってしまう。

 

午後からは、櫛下町さんの知り合いなども

たくさん来られて、にぎやかな店内に。

みなさん、何をご覧になっているかというと…。

 

「カラフル海月姫」

脚、取れますのよー。

「草原に月をかける」

「虹に登る夢をみた」

「ロブスターと言い張るザリガニ」

これ、セメントで出来ていますが

とても軽いのです。

「半月のお盆」素材はホオノキ。

木の質感を感じる器も、いろんなサイズで。

多肉植物と相性抜群のセメントの植木鉢。

ほらね。

ほら〜。

 

ほんの一部のご紹介。

今日、旅立ったものも沢山ありますが

明日にはまた追加もあるとか。

明後日までの会期ですが、楽しい作品を

秋からの生活に取り入れてみてくださいませ。

 

 

クシゲマチのカタログ展

 9月21(土)〜23(月/祝)  最終日は16時までの展示となります

アスカラクシゲマチ

さて。

 

お伝えしておりますように

明日から「クシゲマチのカタログ展」が始まります。

 

本日の夕方ごろから搬入開始。

事前打ち合わせの什器をスタンバイ。

次々と作品が運ばれていきます。

 

ボンっと置いただけで

なにか喋り出しそうな彫刻たち。

個性派ぞろいのセメントの植木鉢。

そして、シンプルに場を引き締める木の器。

この3連休。

富田林のお天気は、まずまずのよう。

少し涼しくなって歩きやすくなってきました。

 

アスカラクシゲマチ。

なんだか呪文のよう。

 

櫛下町さんの作品で

楽しい気分、味わってください。

会期中、作家在廊しております。

 

 

クシゲマチのカタログ展

 9月21(土)〜23(月/祝)  最終日は16時までの展示となります

plus tenミヤベさんの個展

さて。

 

その、やわらかな筆文字とラインが

人々を魅了しているplus tenミヤベユカさんの個展が

当店で10月に開催されます。

文字と絵「昨日のつづき」

 

今日があるのは、昨日があるから。

今日は、昨日までの積み重ね。

何もない日も、特別なことがある日も

今日の前の日は、昨日。

 

そんな日々の何気ないことがテーマ。

 

人気の日めくり「コトゴト」の

共同作者くーねるさんとのコラボで

日常生活に必要な道具に着目した

ハガキシリーズも展開します。

 

10/9は、年賀状に使っていただけるワークショップを開催します。

個展告知前の店頭告知等で満席となりました。

 

文字と絵で表現するミヤベさんの世界観。

いろいろなカタチを楽しんでください。

 

plus tenミヤベユカ個展「昨日のつづき」

2019年10月2日(水)〜14(月・祝)

 

作家在廊日 10/2(水)・6(日)・9(水)・12(土)・14(月・祝)

※初日以外は午後からの在廊です。

クシゲマチのカタログ展

ひさびさに個展のお知らせです。

 

9月21(土)〜23(月/祝) の間

「クシゲマチのカタログ展」を開催します。

 

クシゲマチ?

櫛下町さんの個展が23番地.で開催されます。

 

彫刻をメインとした活動をされている櫛下町さんの

なんと2年ぶりの個展となります。

 

ー木の器&彫刻&セメントー

サブタイトルが表すように

それぞれのクシゲマチワールドが展開されます。

表情豊かな、動物たちが

モチーフになっている彫刻は

木の質感も楽しませてくれる

存在感のあるもの。

 

日常のテーブルを素朴に彩ってくれる

木の器は、彫刻と同じ"木"の素材ながら

全然違う雰囲気をまとっています。

 

違うといえば

まったく違う素材である

セメントを使った植木鉢も並びます。

格好よく植物を

引き立ててくれることでしょう。

 

三者三様の空気を

味わっていただける3日間です。

 

「クシゲマチのカタログ展」

 9月21(土)〜23(月/祝)  最終日は16時までの展示となります