掘り出して〜

連日、うだるような…という表現が生ぬるいような

そんな暑さが続いておりますね。

何も動いていないのに、汗が流れる…。

 

ニュースも暑い暑いということばかり流れる中

今日から始まった「手芸用品の掘り出し市」

わりと急に決まった企画なので

ポスター告知も店舗内だけでしたし

ウェブ告知もつい先日からだったのですが

開店と同時にお越しいただく方もおられ、ありがたいことです。

やはり生地をご覧になられる方が多いのですが

この中に30円のものも。

こんなテープ類もいろんなサイズ/カタチがあります。

モノによりますが、1m10円〜

こんなパーツも。

 

楽しんで選んで頂けていたようで

準備は大変だったけど、よかったな〜と。

夏休みの工作にも使えそうなものもあるので

お越しください…と言いたいけど

気温を見ると、それさえも言いはばかれるような

でも、来ていただけたらと思うような。

 

 

一旦終了で、掘り出し市

展示会「hirali/Oo」は本日で終了いたしました。

足をお運びいただきました、みなさま

お買い上げくださいました、みなさま

ありがとうございました。

 

両面で色が違うことをご説明すると

はじめは、みなさん驚かれます。

そして、お好みの柄や色味のものを手に取られたり。

一枚で二枚分楽しめると、季節柄ストールも人気でした。

 

日本の古色で、華やかに彩りを添えてくれた

手ぬぐいたちとは、今日でお別れですが

一部は引き続き継続して販売致しますので

期間中、お越しいただけなかった方もご安心を。

 

そして。

そのあとは、手芸用品の掘り出し市を開催いたします。

コツコツと準備を進めておりました。

こーんな感じ。うーん、我ながらよーさん準備したな。

いやぁ、ここんとこ

自分でも頑張ったなというくらい作業しました。

生地を始め、レースやコード・テープ類に

パーツなどの副資材も出血大サービス価格になっております。

 

どれくらいかといいますと

例えば、左上の四角い箱の棚の中にある、でっかいコーン状の糸。

あれ、ひと巻100円です。

化繊の糸やと思いますけど、使い方によっては面白いです。

ファスナーは10〜20円とか、消えるチャコペンも100円。

早い者勝ち~。

基本的にだ菓子屋のような価格帯なんで、20円とか50円という表記も多数。

 

そんな感じの出血大サービス。

出血大サービスって死語? 使って大丈夫なんかな?

 

それでですね。

期間を決めてないのですが、だいたいの商品がなくなるまでにしようかと。

夏休み中の開催をなんとなく考えておりますが

奇跡が起きて、品薄になってきたら早めに終わるかも。

ひとまずは、7/19(木)からです。

 

商品がなくなりそうなら、アイテムによっては追加もできますが

基本的には追加はないので、ご了承くださいませ。

 

 

「手芸用品の掘り出し市」

2018.7.19〜だいたいなくなるまで

 

 

全部は明後日まで。

3連休が始まりましたね。

第2土曜ということもあってか

じないまちは、この暑さにもかかわらず

普段よりは歩かれている方も多かったのですが

みなさんの初めのひとことが、「あー涼しい」なんです。

 

入口の土間は少しヒンヤリするので

クーラーを入れているため余計にそうで、

ましてや外から入って来られたら、ヒンヤリ感も増す…みたいな。

 

 

その暑さのせいか

タオルやてぬぐいを手に取っていただくことが多かったような一日。

現在開催中の、展示会「hirali/Oo」の製品も

いろいろとチョイスしていただけたかなぁと思います。

暑さ本番のこれから、ぜひとも毎日使ってくださいね。

 

その展示会も明後日の16日(月)まで。

一部は引き続き継続して、そのあとも販売致しますが

これだけ全種類並んでいるのは会期中だけなので

暑い中ですが、ご覧いただけたらと思います。

 

 

hirali/Oo -重ねの色目-

2018.6.27(水)〜7.16(月・祝)

ちょいと予告

先日お伝えした、「手芸用品の掘り出し市」

いいタイトルが浮かばないまま、怒涛の作業を続けております。

終わりが見えぬ…。

でも、確実に進んでる。

コツコツと頑張りますわ。

 

店頭に並ぶ予定のものとして、レースなんかあるのですが

こんな感じのチュールレースもあったりします。

今の23番地.の売り場では存在しない

乙女で華麗なチュールレース。

で、ローズのコード紐も。

 

今だけの限定‼ そんな空気が満載。

しばしのあいだ、

そこだけ優雅…みたいな。

んで、木製の持ち手もいくつかご用意しております。

 

が、7/16までは

展示会「hirali/Oo」が開催中。

こちらもどうぞ、よろしくです。

 

hirali/Oo -重ねの色目-

2018.6.27(水)〜7.16(月・祝)

 

 

第2弾の発行

素敵なマクラメレースのアクセサリーを

当店にも提供されている松田紗和さん。

 

このたび、第2弾となる

「マクラメレース 結びのデザイン」が

文化出版社から出版されました。

 

今回も魅力的なマクラメの作品がたくさん掲載されています。

第1弾よりも大人っぽいかなと個人的には思うのですが。

 

以前からお話を伺っていて

この本のためにいろいろと取り組まれていた松田さん。

ついに発行となり、思いもひとしおだと思います。

 

掲載されているものと同じものも店頭に並んでいますので

またよければ、お手に取ってみてくださいませ。

 

コチラの本は、書店にてお求めください。

黙々と作成中

只今開催中の展示会「hirali/Oo」は来週の月曜日まで。

それが終われば、しばらく展示会も企画展もありません。

 

そこで。

うちは普段、セールをしないのですが

7/19(木)から「手芸用品の掘り出し市」なるものをしようかと。

も少し、おされなタイトルないかなー。

 

生地はもちろん

レースやコード、ひも類、持ち手やパーツなど

お安くご提供いたします。

 

目下、かなりお得な端切れセットをもくもくと作成中。

同じ重さではぎれを詰め合わせています。

なるべく、テイストや色をそろえて組み合わせているので

パッチワークをされる方にはいいかもしれません。

10袋作るのに1時間くらいかかることも。肩凝るー。

やってもやっても追いつかないので

店でも家でも、布の形を整えて

ひたすら重さ量って組み合わせて袋詰め。

 

生地やレース・紐類は切り売りではなく

すでに切ってあるものの販売になります。

こちらも黙々と作業を進めております。

 

 

ワォな首肌着

Oo(ワォ)をご紹介いたしましょう。

 

只今開催中の展示会「hirali/Oo -重ねの色目-」の

Ooの部分の製品です。

おむつなどにも使用されている、和晒を

やっぱり両面違う色で染めており

それをくるりと輪っか状に縫っております。

 

和晒は、肌触りがふんわりと心地よく、吸水性が高い生地。

夏は汗ばむ仕事場や炎天下で、冬は襟元の汚れが気になるコートの内側に。

さまざまなシーンに寄り添う新しい肌着。それがOo。

 

少しほつれて見えるところは、手ぬぐいと同じ原理。

気になるほつれは切っていったら

ある程度のところで止まります。

そのあとはフリンジ状になるのでそのままにしておいて大丈夫。

 

サイズは、S/Lとあります。

 

 

hirali/Oo -重ねの色目-

2018.6.27(水)〜7.16(月・祝)

 

蚊帳のおふきん

展示会「hirali/Oo」のhiraliから。

新しい製品として、蚊帳ふきんが並んでいます。

 

長方形の形をしたおふきん。

 

蚊帳ふきんはご存知の方も多いと思いますが

始め、のりがきいているあいだは

少しごわっとしておりますが

そのあとは、柔らかくなり乾きも早いので

ご愛用されている方も多いことでしょう。

 

もちろん、これも両面で色違い。

ランチョンマットにしても可愛いかもしれませんね。

 

hirali/Oo -重ねの色目-

2018.6.27(水)〜7.16(月・祝)

hirali ストール

開催中の「hirali/Oo -重ねの色め-」

入荷してすぐに欠品となったスカーフの柄も、

本日、したしました。

スカーフなので、手ぬぐいのように切りっぱなしではありません。

三つ折りにしたものをさらに巻きあす・・・。

 

この薄さで、両面色が違うのは

何度見つめても不思議ですが。

 

使っていくうちに、いい意味でくったり感がでてきて

肌になじむ感じになっていきます。

色の出し方を調整するのも、楽しいかもしれませんね。

 

 

 

hirali/Oo -重ねの色目-

2018.6.27(水)〜7.16(月・祝)

味あるヘタ文字講座-俳句

毎度笑いの絶えない、plus tenさんのワークショップ。

この夏、再び講座が開かれます。

 

今回の「味あるヘタ文字講座」ですが

書く対象は、俳句です。

好きな俳句は、もちろん

自慢の自作がありましたら、それを…。

「なにも思い浮かばん」という方は用意されているものを。

 

書いた部分を手でちぎってですね。

こんな風にモビールにするのです。

涼しさが伝わってきそう。

これからの季節にもぴったり。

 

ゆらゆらとゆらめく筆文字。

その紙のシルエットも、ゆらゆら。

筆によって表現できる文字も変わるのだとか。

白い半紙に墨の濃淡などで

その向こうにある色や景色が見えてくる。

 

墨ってクールだ!

 

「味あるヘタ文字講座」

日 時:7/25(水)第1部10:30〜 第2部13:30〜

定 員:各6名

持ち物:特になし。汚れてもいい服装でお越しください。

参加費:1500円

講 師:plus ten

 

ご予約・お問い合わせは、23番地.の店頭またはお電話(0721-26-2500)にて。

メールでも受付をしております。営業時間外などもご利用可能です。

メール: 23banchi☆gmail.com(送信時☆を@に変更してください)または

お問合せフォームをご利用くださいませ。(ご希望の時間帯と人数をお伝えください)

 

メールの場合は、こちらからの確認が21時以降となります。

そのため、人数が達していた場合

お断りする可能性もありますので予めご了承くださいませ。

(携帯電話の場合、PCからの受信を可能にしておいてください)