そんな旅話。

早いもので、ひと月ほど前の話ですが。

1月末に1日だけお休みをいただき、旅をしてまいりました。

旅話。ちょっと長いけどお付き合いくださいませ。

 

行った先は…まずはここ。鹿児島。大隅半島へ。

桜島、かすんでます。(その後晴れていいお天気に)

10年ほど前に同じ時期に鹿児島に行ったことがあり

寒いのはわかってたけど、寒い!

空港の建物出た途端、余りの寒さに その場ジョギングしましたわ。

まぁ、朝8時ごろだったんで寒いのは寒いですけど。

 

手前に見えているのは、足湯。

流れているし、かけ流しになるのかな。

ここは、空港から車で1時間ほどのところにある道の駅。

どーんと構える桜島見ながら、足湯で休憩しようと企んでたけど

浸かってても寒いし。出たらもっと寒いし。

はよ拭かな、あっという間に冷えるがな。

 

でもですね。この道の駅の物産は見ごたえもあって

例の垂水人形とも出会い、お昼ご飯を挟んで

1日に2回も行ったくらい、地元のものにあふれる楽しい道の駅なのです。

そして、荷物がすでに増えるのです。

 

昼ご飯は漁港にある食堂へ。

カンパチのお刺身定食。コリコリと歯ごたえがあり美味。

左奥のカンパチのあら煮が、これまた美味。

骨までホロホロと食べられる。

朝3時出発で、ほとんど何も口にしてなかった体に染み渡る甘さ。

 

この旅の目的地は宮崎南部。

お腹を満たしたら、宮崎へgo。

リクエストしたお店なんかを、いろいろと巡ってきたのですが

どうしても自分の店の勉強になるポイントを探してしまう…。

もちろん楽しみながら。

 

その土地やお店の空気感の中でのお買い物は

ネットでは得られない楽しさなのです。

 

とっぷり日も暮れたころ、宿へ。

いちいちオサレな、タギリホテル。

タオル類も有名どころのオーガニックコットンでしたわ。

アメニティもオーガニック。

 

アロマディフューザーもついてるのよ、部屋に。

レモングラスの香りが漂うのよ、部屋に。

ユーカリのドライの束も飾ってあるのよ、部屋に。

 

昔は湯治場だったという温泉がお風呂なのよ。

少し塩気があって、湯冷めしないのよ。

ベッドも寝心地よかったのよ。

朝ごはんも、ピクニックっぽくて洒落てるのよ。

カゴバッグに詰めて、近くの浜辺で食べられるのよ。

日向灘眺めながら。

 

寒くて、ホールで食べたけど。

その室内も洒落とるのよ。

宮崎なのに、薪ストーブあるのよ。

こまめに面倒見てはったのよ。

 

さぁ、2日目は朝から快晴。

旅の中日は双石山(ぼろいしやま)登山。

車をドンドンと北へ向けて走らせます。

やっぱし、ちょっと南国感。

この山は面白い岩山。ボロボロと崩れそうな岩なのでボロイシヤマ。

敦煌やトルコにありそうな岩肌が出て来たり。

もう何が何だかの木があったり。

 

必見は、ここ。象の墓場。

ここのすごさは画像では伝わらない。

ルートから寄り道するけど、絶対に寄るべきところ。

ビルの何階分かな、という高さの岩に囲まれた空間。

旅のお連れ、隣のパン屋で比較してみましょう。

というか写しきれません。大きすぎて。

ずっと居ていたいような、ちょっとソワソワするような

でも、心が清められる そんな場所。

ここに来ることができて、本当に良かった。

 

この双石山。なかなかアスレチックな山で

山肌に沿って細いところを歩いたり

(ロープがちゃんとあるから大丈夫)

はしごがあったり

渡ったり

登ったり(急こう配にもほどがある)

約1時間ほどで第2展望台へ到着。

奥には日向灘。宮崎市内を眺めます。

実は、ここが頂上だと思っていた我ら。

地元の方がおられ聞くと、頂上は45〜60分先にあるという…。

ひとまず気を取り直して、燃料補給。

道中、立ち寄った飫肥(おび)で買っておいた

名物、厚焼きたまご。もうほぼプリンです、これ。

なめらかな口当たりと上品な甘さ。

お店によって味が違うのですが、ここのは炭火で焼かれたもの。

「頂上で食べよう」と大阪から楽しみにしていたんです。

頂上ちゃうけど。美味しかったですわー。

展望台から山頂までは、それまでの

アスレチック感はなく、いわゆる登山道。

木の根が階段のようなところの

アップダウンをくりかえし、45分ほどで到着。

 

帰り道に選んだ谷コースも、見たことない角度の道で

ロープをつたいながら、下ります。

写真を撮る余裕はなかったけど楽しかったですよ。

 

双石山は、標高はそれほど高くないのに面白く

登りごたえのある山でしたよ。

宮崎でアクティビティーをお考えの方におすすめ。

小谷登山口からのルートがこんな感じです。

 

気分も上々の我々。

思ったより早く下山で来たので

観光でもしようかと海のほうへ。

ここの浸食された海岸も一つ一つを見ると

とてもユニークで面白い。

トレッキングシューズを履いてる強みで端まで渡ってみましたが

どんどん歩いてみたくなる。あれだけ山で岩を見たというのに。

 

旅先でおみくじを引こうというのも目的の一つ。

そんなわけで、南下して鵜戸神宮へ。

おみくじひいたら、ここでも大黒さまが付いてきました。

運玉を投げてみたのですが、一つだけしめ縄の中に。

この旅が無事に楽しく過ごせたのが、ご利益かも。

次の日は再び、飫肥へ。

ここは、寺内町と同じく

城下町が重要伝統的建造物群保存地区に選定されているので

古い町並みが残っているのです。

 

もっとも、観光地なので雰囲気は寺内町と違い

商店が立ち並ぶ通りやツアー客を乗せた観光バスもたくさん。

道も広いし、ゆったりとした感じでしょうか。

案内所の方の楽しすぎる話を受けて、町歩き。

サクッとまわろか〜と言っていたのですが…

こんなカワイイ看板猫さんと戯れ

つまみ歩きをし、スーパーに寄り

レトロな素敵な建物の植物研究所で

顕微鏡をのぞいたり、学芸員の方の話に聞き入り

苔の奥深さと楽しさに、空間の良さも相まって長居。

いやぁ、興味とハマる場所が同じ感覚の同行者でよかったよ。

 

結局、遅いお昼ご飯を済ませ

四半的(しはんまと)という座ってする弓道に挑戦。

座っているのに、弓を打ち始めると体はホコホコ。

お隣のパン屋の、弓道の筋がいいのはココだけの話。

それにしても、驚くほど飫肥に滞在していたのでした。

サクッとは、いづこへ…。

 

帰りは鹿児島空港まで、道の駅やら

気になるお店やら立ち寄りながら

皆既月食の最中に大阪へと戻ったのでありました。

 

旅の相方さんのブログは、また違った内容をお楽しみいただけます。

合わせて、どうぞ〜。

 

リフレッシュもしながらも

店づくりに参考になることにも出会えたので

なにかのカタチでリターンできたらいいなと思います。

がんばりますわー。

 

 

お洋服を作ろう!

23番地.では、初めてとなる洋裁のワークショップ。

1つのパターンから3つの幅のパンツを作れるのですが

まずはサンプルを試着していただき

どれを作るかを決めていただきました。

それから、只今販売中の

インドの生地から必要分をご購入ののち

いよいよワークショップの始まりです。

 

型紙に合わせて、布を裁っていきます。

レクチャーを受けて、ゆっくりと。

布の裁断が終われば、縫い合わせていきます。

ちなみに、普段

ミシンを使われてない方も参加いただいております。

が、カタカタカタ…と

いい調子のミシン音が教室内に響きます。

こちらの方は、マイミシンご持参。

このミシンと相性がよくないから、使い方も教えてほしいと。

ちょっとした使い方の間違いがわかり

使いこなせなかったお悩みも解消。

縫い代の割りは、手アイロン。

このあたりをきれいにしておかないと

仕上がりにも影響します。

一枚の布が、どんどん形になっていく楽しさ。

みなさん、ミシンを使いこなされています。

縫製のコツを聞きながら…。

さぁ、最後の仕上げ。ウェストのゴム通し。

ご自身の腰回り×0.9の長さのゴムを通していきます。

 

完成したら、やっぱり試着!

どの方もからだにそうように、とてもいい感じ。

家で作るからと布を追加で購入されたり

「こんなワークショップがしたい」と希望を出されたりと

服づくりの楽しさを、みなさんで感じられているようでした。

 

受講いただいたみなさま、ありがとうございました。

講師の内納さん、お疲れさまでした。

 

この講座は、3/4(日)も行われます。

第2部11:30~と、第3部12:30〜でしたら

多少お席に余裕がございますので、

ご興味ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

講座の詳しい内容は、コチラ

 

 

2月の入荷

【残りものもいい】

P2150236.jpg

カラフルなのには理由があるのです。

今治タオルの残り糸を使って作られたクロス。

上質なものだけを使っているだけに、心地良い柔らかさとボリューム感。

でも残り糸なのでクオリティーのわりにカワイイお値段。

 

厚みがあるので、ティーマットとしても使えそう。

あ、サイズは34×23僂任后

綿100%で吸水性もいいので

洗ったコップをちょっと置いておくにもいいかも。

 

端のステッチは、黄/青/赤の3色。

縞の出方もいろいろです〜。

 

【かわいく保存】

P2020154.jpg

品薄になっておりました

星燈社さんの茶筒(大/小)が入荷いたしました。

 

和柄なんだけれども北欧っぽく

ポップな感じもするけど、過ぎない…

 

お茶っ葉だけでなく

珈琲豆やティーバッグを保存するにも最適。

テーブルの上に出しっぱなしにしていても

これならインテリアの一部として室内に

すんなりとなじんでくれそうです。

 

【今季最後のチョコ】

好評の菓子屋iciさんからチョコが届きました。

少しずつ暖かくなってきているので、今季最後かなー。

 

今回の入荷は

・チョコフレーク

・棒チョコフォンデュ

・まるごと苺

・パフ苺

・メープルチョコ

 

人気のチョコフレークは、ビターなものを。

そして、さらに人気の棒チョコフォンデュは

入荷直後からお求めが続き、すでに残り僅か。

 

まるごと苺は、フリーズドライの苺が

丸ごとホワイトチョコに包まれております。

 

初登場は、以下の2つ。

パフ苺は、食物繊維豊富な大麦が

クリーミーなホワイトチョコにからめられていて

そこから、ほのかに苺を感じるもの。

 P2250384.jpg

メープルチョコは、カナダ産のメープルシロップを

煮詰めて作った粒にチョコを絡めたもの。

ポリッショリッの独特の食感にホロ苦ビターな大人なチョコです。

 

とにかく丁寧に作られているiciさんのチョコ。

ぜひとも、ゆっくりと味わってくださいませ。

 

【2月のお菓子】

明日から店頭に並ぶお菓子をさっそくご紹介いたしましょう。

P2090165.jpg

乙女〜なチョコは菓子屋iciさんより。

バラの香りを生クリームに抽出したガナッシュがとろり。

口から鼻腔に抜けるバラの香りが

なんとも優雅な気持ちにさせてくれます。

バラのみときざんだフリーズドライの苺が入ってるものとの2タイプ。

 

その他に入荷は

・チョコフレーク(ビタースイート)

・ききチョコ(カカオの分量が違うチョコの食べ比べセット)

・棒チョコフォンデュ(コーティング量増量につきホットチョコでどうぞ)

・いちごミルクチョコ

 

そして明日は第2土曜なので、asukaさんのものも入荷します。

P2090176.jpg

新顔のフルーツのパウンドケーキ。

ドライフルーツ具だくさんのケーキですが

生地が甘さひかえめであっさりしているので

よく入荷しているイチジクのものよりは

さっぱりとした味わいのパウンドケーキです。

 

ドライフルーツもほんのりとした甘さで

ぎっしりな見た目よりも、軽い感じでお召し上がりいただけます。

 

その他には、大定番の

・全粒粉サブレ  と

・シナモンクッキー が入荷しますー。

 

3連休のお茶のお供に、ぜひに。

 

風景ビン教室 春

今日は、「風景ビン教室 春」が開催されました。

夏から始まった季節シリーズは

いよいよ最終回の春の風景を作っていきます。

若葉の緑が目にも瑞々しい…。

バタバタしていて、教室を覗いてみたら

ほどんど、みなさん終わりかけ。

今回は小学生も参加。

ストーリーをしっかり持っていて

ばっちりと素地を作っていってます。

完成したのが、こちら。

きっちり作り込んでいます。

牧歌的な風景の中では、アヒルがのんびり。

コチラの方は全季節コンプリート。

コチラはまた、ちがうアプローチの春。

これまた、まったく違う景色。

この青は蓄光するので、暗闇で光ります…フフフ

 

「たのしかったー!」という声も飛び出した

風景ビン教室の季節シリーズは終了しましたが

違う風景をビンに閉じ込めるワークショップが

できたら楽しいですねーなんて話も。

 

ご参加いただきました みなさま

ありがとうございました。

そして、講師のままんさん お疲れさまでした。

生地の販売始まりました

昨日から販売がはじまりました

インドの手仕事の生地。

 

シンプルなものから

いわゆるインド的なパターンのもの

そして個性あふれるもの。

手紡ぎ手織りの風合い。

作業のようすを思い浮かべると

また違う風合いを感じます。

インドの刺し子カンタ刺繍。

素朴な運針がなんともいえない。

やっぱりイメージするのは、こういう布でしょうか。

ウッドブロック(木版)で

プリントされた生地は花柄が多いですねー。

 

来週開催される「お洋服を作ろう!」では

ただいま販売中の生地を使って

パンツを作っていただくものです。

2.5mくらい必要で

布代として、ご予算¥3300~10800ほど

みていただければいいかなと思います。

1つのパターンから作った、

3つのサンプルを店頭でご覧いただけます。

 

もう少しお席に余裕がありますので

ぜひ、ご検討ください。

なお、2/28 3/4とも10:30~の部は満席となっております。

 

「お洋服を作ろう! VOL.1 パンツ編」

開催日:2018年2月28日(水)または 3月4日(日)

定 員:10:30~(2/28 3/4満席)11:30~ 12:30~ 各回2名

持ち物:特になし(myミシン使用をご希望の方は、持参可能です)

参加費:3500円(パターン代込)+生地代(当日店内の生地をご購入ください)

講 師:atelier Rosalie(アトリエロザリー) 内納令子

詳しくは、コチラ

 

 

新春のヘタ文字

本日開催のヘタ文字教室。

午前/午後の部、ともにニギヤカなワークショップとなりました。

新春の想いを文字にして

パッチワーク風に貼った生地に載せていきます。

レクチャーを受けた後、見本を参考にしながら

どんどん書きたい文字を練習していきます。

「わからんようになってきたー」

とは言いつつも、この出来栄え。

たくさん書いて、どれを額装するか

バランスを取りながら考えます。

さらに考えるのは、パッチワークしていく布。

この並べ方でも印象が変わります。

額に入れる前も悩むー。

 

そして。

完成!

始めから決めていた言葉で初志貫徹の方。

書き進めていくうちに、

どんどん浮かんできて違う言葉になる方。

 

笑い声は絶えないのだけど

書くことに真剣に皆さん取り組まれてました。

これこそ、ヘタ文字教室のコンセプト。

楽しく書いてみよう! 

 

また次も参加してみたいという方もおられたり

今回、残念ながらご参加いただけない方もおられたりなので

また次回の開催が決まりましたら、

こちらでご報告いたしますね。

 

ご参加いただきました みなさま

ありがとうございました。

講師のplus tenさん お疲れさまでした。

 

生地だけ先行で

只今、参加者さんを募集しているワークショップ

お洋服を作ろう! Vol.1(2/28 or 3/4)」では

インドで作られた、主に手紡ぎ手織りの生地を使って

パンツを作っていただくものですが

そこで使用する生地を、2/21より先行販売いたします。

手紡ぎ手織りの風合いを強く感じる

ネップが入ったものや

木版型染のゆらぎが味を出すウッドブロックのものを中心に

たくさん入荷してまいりました。

 

どれも、独特の味わいのあるものが多く

服を作られない方は、テーブルカバーにしてもよさそう。

少し近づいてきた春の準備で

カバー類などを新調するのもいいのではないかと思います。

 

カットは50儖幣紊

そのあとは10冀碓未任切りいたします。

必要量をお申し付けください。

生地の販売は、2/21(水)〜3/4(日)の間のみです。

 

そして、ワークショップですが

少しずつ埋まってきております。

作るパンツの見本も届きましたので、店頭でご覧いただけます。

 

「ミシンは苦手でダメなんですがー」

という方もお申込みいただいておりますし

講師のatelier Rosalie(アトリエロザリー)さんも

「ぜひ、トライしてみてください」とのことですので

ご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

 

「お洋服を作ろう! VOL.1 パンツ編」

開催日:2018年2月28日(水)または 3月4日(日)

定 員:10:30~(2/28満席)11:30~ 12:30~ 各回2名

持ち物:特になし(myミシン使用をご希望の方は、持参可能です)

参加費:3500円(パターン代込)+生地代(当日店内の生地をご購入ください)

講 師:atelier Rosalie(アトリエロザリー) 内納令子

詳しくは、コチラ

 

ぶろっちんぐ

明日18日の11〜16時まで

富田林駅前にある

観光交流施設 きらめきファクトリー2階で

ぶろっちんぐ」が開催されます。

 

ブローチだらけの、このイベント。

ブローチをマッチングさせることを組み合わせて「ぶろっちんぐ」とな。

 

そんなわけで、当店でも

協賛企画として、入ってすぐのところに

ブローチのコーナーを設けました。

今回に合わせて、初お目見えのものも。

一か所に集めると、そこそこのボリュームとなりました。

 

「ぶろっちんぐ」は、たーくさんのブローチが並ぶそうで

作り手さんの対面販売や飲食ブースまであり、ずっと楽しめそうですが

その会場から見ると一番端にあたる当店へも

散策がてらお立ち寄り頂けると幸いです。

 

 

旅先の縁起物

ひゃーほいぃ。

そんな声が聞こえてきそうな大黒さまです。

そして、お茶目なまねき犬。

えんぎもの…ですな。

あやかりたい、すがりたい自営業の性。

 

この方々。

2月から密かに店内におりますが

気付かれる方は、ごくごくわずか。

結構、大きいのよ。

 

まねき犬は、はりこ。

大黒さまは垂水(たるみず)人形という土人形。

旅先より大阪へ連れてまいりました。

そんな大きいのを買うの?旅のしょっぱなに?

なんて目線を受けつつ。

だって、買いたいモノリストに入っていたからさ。

 

江戸は元禄時代からあったという垂水人形。

戦後には一旦途絶えてしまったそうな。

時代は平成へ。5名のメンバーで研究会が発足して復活。

しかし昨年、メンバーの最後の方が亡くなったそうなのです。

購入したところのものは、その最後の方が手がけたものっぽい。

復活後、引き続き製作されている方はおられるみたいですので

鹿児島大隅半島へ行かれた際は見つけてみてくださいませ。

 

いろいろあった中に、福助さんもおりまして

大きいし重さもあるから迷って二者択一して

大黒さまにしたわけですが、福助さんも連れて帰ればよかった…。

置いてみて、そう思いました。

「またおいで」って言われてるのかな。

 

そんなわけで、旅の話はまた後日。

初積雪

まさか積もるとは…。

未明から雪の予報は出ていたけど。

こんなに積もるのは久しぶり。

 

お日様が出てからは溶けるのも早かったのですが

シャーベット状になった雪に

足をとられそうになったりする雪になれていない大阪府民。

 

「トレッキング仲間やねん」という

ご年配のグループのみなさんの足元は、全員トレッキングシューズ。

ボランティアガイドさんの案内で寺内町をまわっておられたようですが

安全な選択だったと思います。ほんと。

 

晴れたり吹雪いたり、目まぐるしく変わるお天気でしたが

そんな中でもご来店いただけて、有難いなと思います。

この3連休は寒さも厳しかったのですが、

ご来店くださいましたみなさま、ありがとうございました。

フウセンカズラの種が、目にぴったり。

置いとくもんやなぁ〜。

 

定休日明けからは、いろいろと

商品のご紹介などしていきますね。